僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

7/17のカープ 甲子園の印象払拭は持ち越し 糸原への一球が悔やまれる 阪神戦

7/17のカープ試合速報です、タイガース戦は1-2でカープが敗れました。

両チームともに序盤から塁上を賑わせながら、要所を両右腕が締めて投手戦の展開となった試合は、カープが3回、エルドレッド選手の押し出し四球で先制します。しかし4回、2アウトランナー無しから野村投手が3連打を浴びて逆転を許します。その後も両チームともに何度か得点チャンスは作りますが、このままゲームセット。後半戦初戦をカープは黒星発進です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 0 2 0 1 2 0 0 0 5 12 0
広島 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 3 2

 

投手情報 

勝利投手 メッセンジャー (9勝5敗0S)

敗戦投手 野村 (5勝4敗0S)

セーブ   ドリス (1勝3敗24S)

広島 野村、中田、九里 - 會澤、石原

阪神 メッセンジャー、桑原、マテオ、ドリス - 梅野

本塁打   なし

 

試合概要

試合は野村投手、メッセンジャー投手の先発で始まります。

   

初回、カープは田中選手のセンター前ヒットと菊池選手の送りバントで1アウト2塁の先制機を作ります。

丸選手は2-2から低めのストレートをセカンドゴロ、2アウト3塁とすると鈴木誠也選手は粘ってフルカウントからの9球目、外角高めのスライダーを見送りフォアボールを選んで1, 3塁とします。

 

打席には打撃好調の松山選手でしたが1-1からの内角低めボール気味のストレートに手を出してファーストゴロ、先制することはできません。

 

続く2回も先頭のエルドレッド選手がレフト前ヒットで出塁すると、安部選手のセカンドゴロでランナーが入れ替わり1アウト1塁。

會澤選手の打席で安部選手が盗塁を決めて1アウト2塁とチャンスを作りますが、會澤選手が粘りながらも9球目、低めのカーブで空振り三振に倒れると野村投手はファーストゴロに倒れて3アウト。

ここも先制点は奪えません。

 

その裏、野村投手は1アウトから鳥谷選手、糸原選手に連続ヒットを許して1アウト1, 2塁のピンチを迎えます。

梅野選手を打席に迎えて2-1から投じた4球目、内角低めのシュートで注文通りのサードゴロダブルプレーに打ち取りピンチを脱します。

 

すると打線は3回、三度メッセンジャー投手に襲い掛かります。

 

 

1アウトから菊池選手、丸選手が連続でレフトへヒットを放ち1アウト1, 2塁のチャンスを作ります。

迎えた鈴木誠也選手は初球の外のストレートを積極的に打ちに行きますが打ち上げてセカンドへのインフィールドフライに倒れて2アウト。

 

松山選手相手にメッセンジャー投手は制球が定まらずストレートのフォアボールで2アウト満塁とチャンスを広げます。

打席にはエルドレッド選手。

 

フルカウントから迎えた8球目、内角高めに外れたストレートを冷静に見送って押し出しのフォアボールでカープが欲しかった先制点を手にします。

なおも満塁の場面で安部選手、2-2からの外角低めのフォークボールに手が出て空振りの三振に倒れて追加点はなりません。

 

3回まで毎回ヒットは許しながらも0で抑えていた野村投手は4回。

2アウトから鳥谷選手にヒットを許します。

迎えた糸原選手。

 

1-2と追い込んで投じた4球目、内角高めのストレートをライト戦に引っ張られ、スタートを切っていた鳥谷選手が長躯ホームイン。

痛い形で同点に追いつかれます。

 

さらに2アウト2塁の場面で梅野選手には内角低めのシュートをレフト線に運ばれる勝ち越しのタイムリーを許し、この回一気に逆転を許します。

 

続く5回にも西岡選手のヒットと送りバントで1アウト2塁のピンチを迎えますが高山選手を外のチェンジアップで空振りの三振、福留選手を低めのチェンジアップでセカンドフライに打ち取って追加点は与えません。

 

6回のマウンドには野村投手に代打がでた関係で中田投手が上がります。

2つのフォアボールを与えて2アウト1, 3塁のピンチは作りますが代打の原口選手を外角低めのフォークで空振り三振に打ち取って、1点差で試合をつなぎます。

 

迎えた7回、打線は桑原投手から先頭の田中選手がショートへの内野安打で出塁すると、菊池選手が送って1アウト2塁と3回以来のチャンスを作ります。

 

丸選手は追い込まれながらも粘って1-2で迎えた7球目、内角のストレートでセカンドゴロに倒れて2アウト3塁。

鈴木誠也選手は2-1からの4球目、外角低めのストレートを狙いますがライトフライに倒れ、同点に追いつくことができません。

 

その裏のマウンドには九里投手。

先頭の西岡選手に2-2からカットボールが引っ掛かりデッドボールで出塁を許すと上本選手の送りバントで1アウト2塁のピンチを招きます。

高山選手を低めのフォークで三球三振に仕留めると福留選手を敬遠で2アウト1, 2塁で中谷選手を迎えます。

 

フルカウントから投じた6球目、低めのフォークをバットの先で拾われるとショートへの内野安打となり2アウト満塁とピンチが広がります。

打席には鳥谷選手。

2球で追い込みますが、3球続けてボールを見極められてフルカウントで投じた6球目、シュートが高めに浮きましたがショートゴロに打ち取り、何とか無失点でこの回を凌ぎます。

 

8回のカープはマテオ投手に簡単に2アウトを取られますが、安部選手が甘く入ってきたスライダーを逃さずに捕らえてセンターへのツーベースで2アウト2塁とチャンスを作ります。

 

會澤選手の打順で代打は西川選手。

期待のかかる場面でしたが1-1からの3球目、内角スライダーに止めたバットが当たってしまうようなバッティングとなりショートゴロでここもチャンスをものにできません。

 

その裏、続投した九里投手は糸原選手にヒットを許すと梅野選手の送りバントが小フライに、しかし石原選手が梅野選手と交錯する形となり取れず、1アウト2塁とピンチを迎えます。

 

代打の伊藤選手を初球内角ストレートでライトフライに打ち取ると西岡選手を歩かせて大和選手と勝負。

初球のカーブでショートゴロに打ち取ってピンチを脱します。

 

最終回のカープはドリス投手の前に三者連続で空振り三振に倒れてゲームセット。

後半戦初戦に敗れました。

 

 

 

試合感想

野村投手は5回90球8安打2失点。

当たっているタイガース打線にヒットを浴びながらも、要所は締めて試合は作ったといったところでしょうか。

 

しかし、4回の2アウトからの2失点はもったいなかったですね。

2アウトランナー無しから3連打、7番、8番の下位打線に連続タイムリーを浴びて逆転を許しました。

 

特に糸原選手は1-2と追い込んでいただけにもっと大事に勝負にいってほしかったです。

高めにストレートが浮いた分、長打となってしまい一気に同点を許してしまいました。

 

梅野選手に許した勝ち越しのタイムリーは内角低め、ボールか際どい内角低めのシュート、悪いボールではなかっただけに責められませんかね。

あそこで同点で止めていたらどう転がるかわからなかった試合だっただけに残念でしたが…。

 

中田投手、九里投手はよく抑えてくれました。

3イニングとも先頭を出してピンチを招きましたが、無失点でつないで同点・逆転の目を最後まで残してくれました。

 

得点が期待できる打線を持っている分、こうやって僅差のビハインドの場面で抑えてくれるのは非常に価値がありますよね。

 

 

一方の打線は今日はあと一本が出ませんでした。

悔しいですがこういう日もあるという感じでしょうか。

 

得点圏でクリーンアップと言う場面を3度作ったので形としてはきっちり作りました。

打ちまくっていた丸選手の状態が少し下降気味なのにつられて、鈴木誠也選手にプレッシャーがかかってきてしまっているでしょうか。

 

ただ後半戦はまだ始まったばかりです。

形は作れているのですから焦ることなく、今の攻撃を続けていってくれれば大丈夫だと思います。

 

8回の2アウト2塁の場面でベンチに新井選手も残っていましたが西川選手を起用しましたね。

これはマテオ投手の前半戦の被打率が右.127に対して左.296と明らかに差があることを根拠にした起用だと思うので納得です。

 

しかし9回の先頭で天谷選手ではなく新井選手を起用する選択肢がなかったかは疑問です。

ドリス投手は右の方が打たれているくらいですし、まず追いつかないと先がない最終回で先を見据えて起用をためらう場面ではないような気がします。

 

回の先頭では天谷選手の方が新井選手より期待できる明確な理由があれば良いのですが…

確かに天谷選手は先頭で打席に立った時にはこの打席まで11-3、2四球とかなりの率で出塁してくれているのでシーズン打率よりは期待が持てるのですが、新井選手はそれ以上に回の先頭で結果を残しているだけに、唯一疑問が残る采配でした。

 

その後は上位打線ですから、この回、チャンスを作って新井選手を起用できる打順でもなかったですしね。

ひょっとすると岩本選手が前半戦の最終戦で結果を残したことで天谷選手の生き残りをかけたチャンスの意味合いもあったのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、今日は今日。

切り替えて明日からの戦いです。

 

7/18の試合展望

明日の予告先発はカープが大瀬良投手、タイガースは岩貞投手です。

 

大瀬良投手は今シーズンここまで14試合に登板、5勝0敗、防御率は3.02です。

前回登板となったスワローズ戦では6回3失点でリードを許して降板しましたが9回に打線が追いついて勝敗つかずとなっています。

 

不思議とリードを許して降板しても打線が負けを消してくれる大瀬良投手。

前半戦はローテーションを守り切り、無敗で乗り切っています。

 

タイガース戦は1戦1勝、前回登板では7回無失点と抑え込んでおり悪い印象はないはずです。

タイガース打線が比較的当たっていますので、抑えるのには苦労しそうですが少し登板間隔が空いたことで上手くリフレッシュできていると良いですね。

自慢のカットボールで打たせて取るピッチングに期待しましょう。

 

対する打線の相手は岩貞投手です。

ここまで12試合に先発し4勝5敗、防御率は4.50。

前回登板となったジャイアンツ戦は5回3失点で勝敗つかずとなっています。

 

比較的カープは岩貞投手を得意としており、今シーズンも2試合で計9回、9得点と打ち込んでいます。

しかし油断は禁物。

昨シーズン自身初の2桁勝利を挙げているように、確実に力をつけてきているピッチャーです。

 

今日を落としたことで明日はますます負けられません。

いい加減、甲子園で勝ちましょう!

シーズン終盤に向けて、不安要素は一つでも早く払拭しておきたいところです。

 

チーム一丸で一戦一戦、明日も頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング