僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

7/9のカープ 総力戦 土壇場で追いつき粘り切る ヤクルト戦

7/9のカープ試合速報です、スワローズ戦は3-3で引き分けとなりました。

大瀬良投手、由規投手が無失点投球を続ける中、5回に大瀬良投手が2アウトから連続タイムリーを浴び3点を先制されます。しかし直後の6回、打線が由規投手の高めに浮いたスライダーをとらえ2点を返すと、土壇場の9回。一昨日に続き小川投手から代打・新井選手が貴重な得点を叩き出して同点に追いつくと、その後は両チームともに中継ぎ陣が踏ん張りそのままゲームセット。4時間半を超える死闘の末、引き分けです。 

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
広島 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 13 0
ヤクルト 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 7 0

 

投手情報 

勝利投手 なし

敗戦投手 なし

セーブ   なし

広島 大瀬良 、一岡 、ジャクソン 、中崎 、今村 、中田 、九里 - 石原 、會澤

ヤクルト 由規 、石山 、近藤 、ルーキ 、小川 、松岡 、山本 、中澤 - 中村

本塁打   なし

 

試合概要

試合は大瀬良投手、由規投手の先発で始まります。

   

初回、カープは由規投手の前に三者凡退、対する大瀬良投手も内野安打1本を許しますが無失点で立ち上がります。

 

2回、カープは1アウトから好調松山選手とエルドレッド選手の連打で1アウト1, 2塁のチャンスを作りますが、安部選手が内角スライダーをレフトへ、石原選手がバットを折りながら外角スライダーをセンターへそれぞれ打った打球をバレンティン選手、坂口選手が好守を見せ、先制点を奪うことができません。

 

その裏、大瀬良投手は1アウトから中村選手にセンター前ヒットを許すと、藤井選手のファーストゴロの間にセカンドに進まれ2アウト2塁のピンチを背負います。

しかしここは廣岡選手を高めのストレートで空振り三振に打ち取りピンチを脱します。

 

3回、4回とカープ打線は得点圏にランナーを進められず由規投手に苦戦しますが、大瀬良投手も三者凡退に抑え続け、両者譲らぬ投手戦を見せます。

 

そんな中、試合は5回に動きます。

 

 

カープの攻撃、1アウトから石原選手がセンター前ヒットを放つと、大瀬良投手が送って2アウト2塁のチャンスを作ります。

先頭に返って田中選手、フルカウントからの6球目内角のスライダーを上手く流し打ちますが、ここはサードライナー、藤井選手の好守に阻まれ先制点を奪うことができません。

 

するとその裏の大瀬良投手。

1アウトから藤井選手、廣岡選手に連打を浴び、1アウト1, 2塁のピンチを迎えますが、由規投手のバント失敗で2アウト1, 2塁とします。

 

しかしここで先頭の上田選手に初球、高めに浮いたストレートをライト前に落とされる先制のタイムリーを許すと、2アウト1, 3塁の場面で盗塁を許して2, 3塁にランナーを置いて坂口選手にまたも高めに浮いたストレートをレフト前へ、2点タイムリーを浴びて0-3とリードを3点に広げられます。

 

反撃に出たい打線はその直後の6回の表。

先頭の菊池選手が追い込まれながらも外角高めのスライダーをレフト前に運んで出塁します。

 

続く丸選手が外のスライダーを捕らえますが、運悪くセカンドライナー、菊池選手は何とか帰塁して1アウト1塁となります。

打席には鈴木誠也選手。

1-1からの3球目、高めに浮いたスライダーを振り抜くと打球はセンター右を破っていくタイムリーツーベースヒットとなり1点を返します。

 

さらに続く松山選手もフルカウントから高めのスライダーをライト前に落とすタイムリーでさらに1点を追加、1点差に迫ります。

 

ここでスワローズは由規投手から石山投手へ交代。

エルドレッド選手がライトフライに倒れますが、安部選手が2-2から高めの外角ストレートをはじき返してレフト直撃のツーベース、松山選手はホームに帰れませんが2アウト2, 3塁と一打逆転のチャンスを作ります。

 

ベンチは石原選手に代打・西川選手を送って勝負に出ますが、1-2から高めのボール気味のストレートを打たされセンターフライ、同点・逆転に結び付けることはできません。

 

7回のカープは代わった近藤投手から1アウト後、田中選手が高めのスライダーをレフトへ打つとバレンティン選手が打球処理にもたつく間に一気に3塁へ、1アウト3塁のチャンスを作ります。

しかし菊池選手が外角高めのボール気味のストレートに手が出て空振り三振、丸選手は2ボールから外のチェンジアップを打ちますがセカンドゴロに倒れて同点のチャンスを生かすことができません。

 

8回をルーキ投手に三者凡退に仕留められたカープは、7回を一岡投手、8回をジャクソン投手がそれぞれ三者凡退で抑えて1点差で迎えた最終回の攻撃に同点の望みをかけます。

 

マウンドには小川投手、一昨日の大逆転劇の後でもスワローズベンチは新守護神を変わらずマウンドに送り出しました。

 

その小川投手から先頭の安部選手が追い込まれながらも内角高めのカットボールをライト前に運んで出塁すると、會澤選手がきっちり送りバントを決めて1アウト2塁のチャンスを作ります。

この場面で、カープベンチはジャクソン投手の打席で一昨日代打で逆転ホームランを放っている新井選手を送ります。

 

新井選手の打席でセカンドランナーの安部選手が完全にモーションを盗んで三盗を決めチャンスを広げると、フルカウントからの7球目でした。

内角低めの渾身のストレートを新井選手が左中間へはじき返し、同点のタイムリーツーベースヒット。

再び9回、新井選手の一振りで貴重な得点を叩き出し、土壇場で同点に追いつきます。

 

勢いに乗って勝ち越したいカープでしたが、ここは小川投手が意地を見せました。

田中選手を低めのカットボールでセカンドゴロ、菊池選手も外角低めのカットボールでピッチャーゴロに打ち取り逆転はさせてもらえません。

 

その裏のマウンドには中崎投手。

先頭の比屋根選手をフルカウントからフォアボールで歩かせ、嫌なランナーを出し三輪選手の送りバントで1アウト2塁と一打サヨナラのピンチを迎えます。

 

しかし中村選手を高めのボール気味のスライダーでセンターフライに打ち取ると藤井選手を外角のシュートでサードゴロに打ち取り、何とか無失点でしのいで試合は延長戦に入ります。

 

10回、松岡投手から鈴木誠也選手フォアボール、エルドレッド選手デッドボールで2アウトながら1, 2塁のチャンスを作ります。

安部選手は1ストライクからの2球目、外角低めのシュートをはじき返しますが山田選手の好守に阻まれて勝ち越し点を奪えません。

 

その裏のカープのマウンドには今村投手。

9回の中崎投手と同じように先頭の廣岡選手にフォアボールを与えると、武内選手に送られ1アウト2塁と再びのサヨナラのピンチを招きます。

 

上田選手を歩かせ塁を埋める判断をしたカープバッテリー。

迎えた坂口選手に初球低めのスライダーをフラフラっとレフト前に落とされますが、前進守備を引いていたことに加えて、田中選手が飛び込む際どい当たりだったために、セカンドランナー廣岡選手がスタートを切れず、結果としてサードで刺すことができ2アウト1, 2塁と場面は変わります。

 

迎えた山田選手を2-1からの外角スライダーでショートゴロに打ち取った今村投手はこのピンチを無失点でしのぎ、試合は11回に入ります。

 

11回のカープはスワローズ7人目の山本投手から先頭の會澤選手がヒットで出塁します。

今村投手の打席で代打はバティスタ選手。

1-1から外角高めのスライダーを打ちに行きますが引っかけて最悪のサードゴロダブルプレー、2アウトとなります。

 

しかし田中選手がフルカウントから外のボール気味のスライダーに食らいついてレフト前ヒットで出塁します。

菊池選手の打席、ずっとセカンドをうかがっていた田中選手が2-2からスタートを切りますがスワローズバッテリーが外に外してセカンドで盗塁を刺してスリーアウトチェンジ。

カープの攻撃がどこか空回ってしまいチャンスを作ることができません。

 

その裏のマウンドには中田投手。

先頭の比屋根選手にセンター前ヒットを許し3イニング連続で先頭打者の出塁を許すと、迎えるは代打のグリーン選手。

 

追い込んでからファールで粘られ、2-2から迎えた7球目、内角低めのストレートで空振り三振を奪うとスタートを切っていた比屋根選手を會澤選手がセカンドで刺して貴重なダブルプレー。

中村選手もセンターフライに打ち取り、いよいよ試合は12回までもつれます。

 

12回のスワローズのマウンドには8人目の中澤投手。

菊池選手から始まる期待の持てる打順でしたが、菊池選手サードゴロ、丸選手ファーストへのファールフライであっさり2アウト。

鈴木誠也選手の一発を警戒してか、敬遠気味のストレートのフォアボールで2アウト1塁としますが、野間選手が外角のスライダーに三球三振に倒れ無得点、カープの今日の勝ちはなくなります。

 

その裏のマウンドには九里投手。

藤井選手を三球三振、廣岡選手も外のストレートで空振り三振に打ち取ると最後は武内選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット。

 

土壇場で追いつき、サヨナラのピンチをしのいで4時間半を超える総力戦の末、今日の試合を引き分けました。

 

 

 

試合感想

打線は今日もよく土壇場で追いついてくれました。

由規投手を打ちあぐねる中、一気に3点を奪われて劣勢に立たされましたが、直後の6回に由規投手の球が少し高めに浮いてきたのを逃しませんでした。

 

特に4番の重圧に苦しんでいる鈴木誠也選手に昨日に続いて打点がつきましたね。

ダブルプレーもあり、本人としてはまだまだ納得は言っていないかと思いますがそれでも貴重な反撃のタイムリーツーベースとなりました。

いずれまた、調子も上向いてくると思います。

不調な時は4番という打順が必要以上の焦りをもたらします。

 

それでも幸いなことにチームはしっかり勝利を積み重ねていますし、今は前後の丸選手、松山選手が補って余りあるバッティングを続けてくれています。

そのうち少しずつ、少しずつ状態は上がってくると信じて、日々できることをやり続けてもらいたいです。

 

松山選手は今日も3安打、スワローズ3連戦で計8安打3打点と大暴れをしてくれました。

明日からのDeNA戦は3連戦すべて左腕投手の先発が予想されていますが、新井選手の肘の状態に不安があることもあり出番はやってくるでしょう。

 

ここら辺で課題の左腕に対しても結果を残して不動のレギュラーの座に一歩近づいてもらいたいところです。

 

そして9回の新井選手。

1アウト2塁、盗塁で1アウト3塁と舞台が整ったところで一昨日に続いて小川投手の渾身のストレートをはじき返しました。

一昨日と違ってフルカウントと追い込まれていましたし、コースも内角低めと厳しいところにきましたが、プレッシャーをものともせず左中間にきれいに打ち返してくれました。

 

代打の一振りでの連日の貴重な一打、最敬礼ですね。

 

安部選手も先頭でヒットを放って、相手の隙を見逃さない貴重な三盗。

失敗は絶対に許されない場面ですが、いけると確信して勇気をもってスタートをきり成功しました。

一時は不調に陥っていた打撃でもオールスター直前の今でも規定打席に達して3割をキープしています。

これはチームで丸選手と二人だけ。

飛躍を遂げた昨年からさらに一段ステップを上がっているとみてよいでしょう。

このままシーズンを乗り切ってほしいですね。

 

11回のノーアウト1塁でのバティスタ選手のダブルプレーは痛恨でしたが、バントをできる野手がベンチにもうおらず、勝負にいった結果です。

この経験も糧にバティスタ選手には成長を期待しています。

 

 

 

投げては大瀬良投手。

好投を続けながら、前回に引き続き2アウトから失点を重ねてしまいました。

 

ただ前回と違うのは立ち上がりからしっかりと試合は作ってくれたこと。

そして何だかんだ6回まで投げ切ってくれたことです。

 

今日も土壇場で打線が追いついてくれて、先発ローテーションを守り切り前半戦は黒星がつかずに乗り切りました。

こういう不思議な運も力に変えて、後半戦は更なる好投を期待しましょう。

 

中継ぎ投手陣は本当に良く無失点でつないでくれました。

好調の一岡投手、調子を戻しつつあるジャクソン投手が三者凡退。

 

中崎投手、今村投手、中田投手は1点を取られれば即負けという場面で先頭を塁に出してしまいましたが後続をよく抑えて踏ん張りました。

最後の九里投手からは今日は絶対に負けるわけにはいかないという強い気持ちを感じる投球でした。

 

今日は投手も野手もスワローズからすごい気迫が伝わってきた中で劣勢に立たされていただけに、負けなかったことで良しとするべきでしょう。

明日からは前半戦最後の3連戦です。

厳しい苦しい試合になりそうですが地元の声援をバックに最後の一踏ん張りをしてもらいましょう!

 

7/10の試合展望

9連戦最後のカードは地元マツダスタジアムでのベイスターズ戦です。

明日の予告先発はカープが野村投手、ベイスターズは今永投手です。

 

野村投手は今シーズンここまで13試合に登板、4勝3敗、防御率は2.66です。

前回登板となった9連戦初戦のジャイアンツ戦では6回2失点で敗戦投手となっています。

 

敗戦投手にはなりましたが田口投手と投手戦を展開、バティスタ選手が打球を見失う不運もあり2点目を失いましたが、内容としては上々のピッチングをみせてくれました。

しかし、田口投手が0に抑える中、先に点を与えてしまったのもまた事実です。

 

明日も打線の援護はそれほど期待できない展開も予想されています。

ジョンソン投手が長期離脱する中、前半戦の先発ローテーションをほとんど離脱することなく引っ張ってくれた野村投手。

 

ここまで6連戦を戦い、さらに追い打ちをかけるように今日12回まで戦いほとんどの高橋樹也投手を除く中継ぎ投手陣が登板しているカープは明日の試合、非常に厳しい状況で迎えることになります。

 

首脳陣は高いハードルにはなりますが、野村投手だけに最低7回という気持ちで期待していることと思います。

前半戦最後の登板で、集大成となるようなピッチングを期待して応援したいと思います!

 

対する打線の空いては今永投手です。

ここまで12試合に先発し5勝4敗、防御率は3.10。

前回登板となったジャイアンツ戦では5回1失点で勝利投手となっています。

 

カープとはこれまで2度対戦しており、1勝1敗。

1試合は3本のホームランで4点を奪い勝利していますが、その一方で1安打完封劇も喫しています。

一度波に乗ると手が付けられなくなるタイプです。

 

スタミナも十分ですでに2完封を含む3完投を記録しており、序盤で攻略の糸口をつかめないとずるずるいかれかねません。

今月5勝2敗と上昇気流に乗りつつあるベイスターズ相手の緒戦はどうしても取りたいところです。

 

ベイスターズも移動日はありませんが、こちらは今日が名古屋でデイゲームだったのに対して、カープは東京でナイター、しかも延長12回まで戦った後の試合になります。

 

今永投手相手で、日程的にもカープがやや不利で厳しい試合になりそうですが、地元の利を生かして、前半戦先発陣を支えてくれた野村投手に白星をプレゼントしてもらいましょう!

 

チーム一丸で一戦一戦、明日も頑張ろう、カープ!

 

⇩このブログの応援もよろしくお願いします♩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング