僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/24のカープ 降雨に乗じてリードするもノーゲーム 明日のゲームの重み増す 阪神戦

6/24のカープ試合速報です、今日のタイガース戦は4回途中降雨ノーゲームとなりました。

 

試合記録

4回裏2アウト、カープ5-3でリードの場面で降雨中断、そのままノーゲームとなりました。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 2 0 1           3 6 1
広島 0 2 1 2           5 7 0

 

投手情報 

阪神 能見、藤川- 梅野 (藤川への交代時に中断、そのままノーゲーム)

広島 薮田- 會澤

本塁打   なし

 

試合概要

試合は薮田投手、能見投手の先発で始まります。

  

初回はともに三者凡退の立ち上がり。

 

2回タイガースはツーアウトから鳥谷選手がフルカウントからレフト前ヒットで出塁すると、3-1から糸原選手がライトへのタイムリーツーベース、続く梅野選手がフルカウントからセンターへのタイムリーツーベース。

連続タイムリーツーベースで2点を先制されます。

 

対するカープは直後の攻撃。

鈴木誠也選手がレフト前ヒットで出塁すると、梅野選手のパスボールでノーアウトランナー2塁のチャンスを作ります。

新井選手ファーストライナー、バティスタ選手ファーストゴロで2アウト3塁となり迎えた西川選手。

 

1-1から外の高めストレートをレフトへ逆らわずに流し打つと、タイムリーツーベースとなりすぐさま1点を返します。

さらに會澤選手も外のフォークを流し打ち、ライトへのタイムリーツーベースで取られた直後に同点に追いつきます。

 

 

 

3回、薮田投手が1アウト2塁のピンチをしのぐと、その裏のカープの攻撃。

先頭の田中選手がレフトへのツーベースでチャンスを作ると、菊池選手のセカンドゴロを上本選手がファンブルし、ノーアウト1, 3塁とチャンスを広げます。

 

打席には絶好調の丸選手。

フルカウントから粘って迎えた9球目の内角低めボール気味のフォークにバットを当てると打球はライト前へ抜けるタイムリーヒット、1点を勝ち越します。

 

4回雨でコンディションが悪くなる中、薮田投手は連打とフォアボールでノーアウト満塁のピンチを迎えます。

ここで梅野選手に外のストレートを犠牲フライとされ、1点を返され同点とされますが能見投手三振、高山選手セカンドライナーで勝ち越しは許しません。

 

直後の攻撃、同じく厳しいコンデイションで投げる能見投手から、西川選手がヒットで出塁すると會澤選手がバスターエンドランを成功させノーアウト1, 3塁のチャンスを作ります。

薮田投手の代打・エルドレッド選手は三振に倒れますが田中選手がデッドボールでワンアウト満塁とします。

 

続く菊池選手の打席、2球で追い込まれ、3球目の外角低めへの際どい球がボールと判定されると、その後は粘って8球目に押し出しのフォアボールでカープが勝ち越します。

丸選手は初球、すぐさま外のスライダーをレフトへの犠牲フライを放ち、点差を2点に広げます。

 

ここで金本監督はピッチャーを藤川投手に交代をコールした場面で試合は中断。

1時間ののち、続行不可能としてそのまま降雨ノーゲームとなりました

 

 

試合感想

薮田投手、能見投手共に厳しいコンディションの中、良く投げていたと思います。

 

薮田投手は制球を乱しながらも、先頭をスリーボールから三振に打ち取るなど、粘り強く投げてくれました。

この雨のぬかるんだマウンドではいつものような剛球は投げられませんでしたが、それでも粘り強く傷口を最小限に留めてくれたと思います。

 

2回に先制された場面では2アウトから甘いところに入った球を3連打されました。

このあたり、悪天候でのピッチングの予行練習になったとポジティブにとらえればよいでしょうか。。

 

やはりコンディションが良くない中でいつもの球威を維持するのは難しいですよね、その中でどのようにピッチングを組み立てればよいのか。

考える良いきっかけにはなったと思います。

 

野手陣は昨日に引き続き、しっかりヒットを重ねてくれました。

特に西川選手、會澤選手の下位打線が見事に機能していました。

 

相手が左投手の場合は西川選手のチャンスが増えそうですね。

外の球の見極めができて、かつ外の球を逆らわずに打てていました。

 

リードした場面での中断、ノーゲームは悔しい部分もありますが、展開的には五分だったと思います。

また首位争いをすることになる可能性が高そうなタイガースとの地元での一戦を先送りにできたことはそれほど悪いことでもないかもしれません。

 

終わったことは終わったこととして悲観せず、あとは皆さん、風邪をひかないようにケアをしっかりとお願いしたいところです。

 

  

6/25の試合展望

予告先発はカープが大瀬良投手、タイガースは岩貞投手です。

 

大瀬良投手は今シーズンここまで11試合に登板、4勝0敗、防御率は3.13。

前回登板となったオリックス戦では7回途中3失点、リードして中継ぎ陣にマウンドを託しましたが8回に追いつかれ、勝敗はつきませんでした。

  

今日の試合がノーゲームとなり、カープサイドから見れば明日の試合を落とすと、地元での2連戦を五分と少し残念な結果となってしまいます。

それだけに明日の大瀬良投手への期待は大きいです。

 

前回登板時は、8回まで投げたことがなく、長いイニングを投げたいと言っていた中で、球数も少なく6回まで6-1でリードと理想的な展開。

しかし7回にホームラン1本、ツーベース2本許し、2アウトまで取るもそこで交代、悔しい登板となりました。

 

タイガース戦は今シーズン初先発となりますが、前回登板の悔しさを晴らせるか。

石原選手のアドバイスもあり、ひげを伸ばして精悍な顔つきとなった大瀬良投手、気持ちをボールに乗せて、明日こそ長いイニングを投げてもらいましょう!

 

対する打線の相手は岩貞投手です。

ここまで9試合に登板、3勝4敗ながら防御率は4.25。

前回登板となったイーグルス戦では7回1失点で勝利投手になっています。

カープ戦はここまで1試合に登板し、勝敗こそついていませんが、5回5失点で防御率は9.00。

 

通算でもまだカープからは勝ち星を挙げていなく、カープから見れば得意な相手と言えるでしょう。

しかし、ここ3試合、いずれも7回途中までしっかりと試合を作り、上り調子の岩貞投手が相手です。

 

気を引き締めてかからないと、とらえきれない可能性はありそうです。

それなりに球が荒れて、的を絞りづらい投手です。

球威もあり、奪三振率も8を超え、リズムに乗せるとバットに当てさせてもらえないかもしれません。

 

今日の能見投手で左投手のイメージは作れたとは思いますが、タイプは異なります。

昨日、今日のように丁寧に、ボールを見極めコースに逆らわないバッティングを引き続き見せてくれれば、攻略できるのではないでしょうか。

 

絶好調の丸選手と引き続きスタメン起用される可能性の高そうな西川選手、2人の左打者に明日は注目しようかと思います。

 

とにかく昨日、今日のように先手・先手の試合展開が重要になります。

引き続き、一戦一戦、チーム一丸で明日も頑張ろう、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング