僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/23 阪神戦展望 ジョンソンの制球力がポイント 先行して相手リリーフに出番を与えるな

引いていた風邪が悪化してしまい、交流戦終了後から更新が3日も空いてしまいました。。

ようやく良くなってきましたので今日からまた更新していきます、ご愛読よろしくお願いします。

それでは、6/23のタイガース戦の予告先発投手が発表されましたので試合展望を更新しました。

交流戦を12勝6敗で乗り越え、貯金を16に増やしたカープは地元マツダで、3ゲーム差で2位のタイガースとの3連戦でリーグ戦を再開します。

 

 

予告先発はカープがジョンソン投手、タイガースがメッセンジャー投手です。

奇しくも開幕戦と同じ顔合わせとなりました。

 

ジョンソン投手はここまで3試合に登板、1勝2敗で防御率は7.36。

前回登板のホークス戦では5回5安打3四球5失点の内容に終わり、敗戦投手になっています。

 

一部スポーツ紙では初戦は薮田投手でジョンソン投手は土曜日に回るのではと予想されていましたが、首脳陣は3連戦初戦をジョンソン投手に託しました。

2戦目が薮田投手、3戦目が大瀬良投手の順番になるでしょうか。

 

ポイントは一つだけ、まだまだ本調子までには時間のかかりそうなジョンソン投手が1週間でどこまで修正してくれたかです。

 

前回は制球も今一つで、下半身の粘りもなくボールのキレもありませんでした。

残念ながらボールのキレがすぐに良い時の状態まで戻ってくることはないと思いますが、制球面をどこまで修正できるか。

 

相手で注意するべきは交流戦の終盤で当たっていた中谷選手でしょうか。

交流戦で不調に陥っていた福留選手もこの休養期間で疲労が抜けて調子を取り戻してくるかもしれませんし、糸井選手の先発復帰も予想されています。

鉄壁のリリーフ陣を売りにするタイガース相手だけに先行される展開は避けたいところです。

 

実績だけでは使わないと公言する首脳陣でも、ジョンソン投手はやってもらわないと困ると格別の信頼を寄せる昨季沢村賞左腕の奮起に期待しましょう。

 

 

カープ中継ぎ陣はジャクソン投手が勝ちパターンの8回から外れそうです。

4試合連続で複数失点していてはさすがに終盤、僅差でリードの場面では怖いとの判断のようです。

 

代わりに中崎投手が8回、7回は中田投手を中心に一岡投手を絡めて起用していく方針のようです。

一刻も早く、ここまでのカープを支えてくれたジャクソン投手の快投が復活することを祈るとともに、開幕以来好調を維持する中田投手、ここ最近調子を上げている一岡投手には大いに期待しましょう!

 

対する打線の相手はメッセンジャー投手です。 

ここまで12試合に登板、7勝2敗 防御率は2.59。

前回登板のライオンズ戦では制球を乱しながらも6回2失点で踏ん張りゲームを作っています。

 

数字の示す通り、今シーズン好調のメッセンジャー投手、タイガース先発陣を引っ張る存在です。

投球回数80回はカープの岡田投手と並んでリーグ5位タイ、先発で10を超えてくる奪三振率の高さは驚異的です(他にはイニング数は少ないですがDeNAの濱口投手くらいです)。

 

その一方で交流戦では少し疲れが見えてきたのか、制球を乱す場面が見られました。

ここ最近の登板3試合で計12四球。

カープ打線はここにつけ入り、四球を絡めて攻略していきたいところです。

 

 

 

タイガース中継ぎ陣は良く取り上げられる、高橋投手、桑原投手、マテオ投手、ドリス投手だけではありません。

ここに割って入るように岩崎投手が結果を残していますし(26試合で防御率1.75)、ベテランの藤川選手も防御率2.42と安定しています。

 

悔しいですが、現在の中継ぎ陣の安定感ではリーグ一でしょうか。

 

交流戦首位打者、絶好調の丸選手を中心に、その前後を打つタナキクコンビと鈴木誠也選手が鍵を握りそうです。

田中選手は当たり自体は少し止まっていますが、その分フォアボールをしっかり選んで出塁はしっかりとしてくれています。

 

菊池選手は調子が上がっておらず、ややフライを打ち上げ気味なのが気にはなりますが、今シーズンここまで昨年同様、しっかりとつなぎのバッティングを見せてくれています。

 

あとは若き四番の鈴木誠也選手が交流戦、優勝争いのしびれる場面での経験をどう消化して、生かしてくれるか。

明日の打席に注目したいと思います。

 

レフトとファーストは誰を起用するかですね。

定石で行けば最近好調の松山選手を起用するのでしょうが、メッセンジャー投手には右打者の方が有利というデータもあるだけに、エルドレッド選手、新井選手の併用もあるかもしれません。

 

明日は久々にカープの試合を見られます。

盤石を誇るタイガースリリーフ陣の出番を減らすためにも最少失点に抑え、先行する展開に持ち込むことが大事になりますね。

私もまたしっかりと応援していきたいと思います。

ファンも含めてチーム一丸、明日も頑張ろう、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 


広島東洋カープランキング