僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/16のカープ 丸3打席連続ソロも空砲 ジョンソンはまだ時間が必要 ホークス戦

6/16のカープ試合速報です、ホークス戦は3-5でカープが敗れました。

ジョンソン投手はまだ本来のコントロール、キレがなく捕まりました。2暴投がいずれも失点につながり、伏兵の一発で点差を広げられました。打線も丸選手が3打席連続逆方向へのホームランを放ちますが、得点圏にランナーを置いたのは1度のみ。ホークスとの初戦を落とし、交流戦ゲーム差なしの2位に後退です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 2 0 2 1 0 0 0 0 0 5 6 0
広島 1 0 0 1 0 1 0 0 0 3 9 0

 

投手情報 

勝利投手 バンデンハーク (7勝3敗0S)

敗戦投手 ジョンソン (1勝2敗0S)

セーブ   サファテ (0勝0敗20S)

ソフトバンク バンデンハーク、岩嵜、サファテ - 甲斐

広島 ジョンソン、九里、一岡、今井 - 石原、會澤

本塁打  丸9号(1回裏ソロ)、川島2号(3回表2ラン)、丸10号(4回裏ソロ)、丸11号(6回裏ソロ)

 

試合概要

試合はジョンソン投手、バンデンハーク投手の先発で始まります。

  

ジョンソン投手の立ち上がり。

いきなり先頭の松田選手にレフト前ヒットを許すと今宮選手の初球、ホークスがバスターエンドランを仕掛けてきて、これがセンター前ヒットとなりノーアウト1, 3塁のピンチを招きます。

 

迎えるは柳田選手。

その2球目、外へのカットボールがワンバウンドでワイルドピッチとなり、1点の先制を許します。

なおもノーアウト2塁の場面で2ボールからの3球目の外のストレートをレフト前へのタイムリーヒットとされ2点目を失います。

 

その裏のカープの攻撃。

お返しとばかりに先頭の田中選手が初球のストレートをセンター前へはじき返し塁に出ます。

菊池選手も初球から打っていきますが、フェンス際まで飛ばすもののライトフライ。

 

丸選手の打席で田中選手がスタート、カーブだったものの外角だったことも災いしたか、盗塁失敗でツーアウトとなります。

しかし、2ボール1ストライクからの4球目、甘く入ってきたスライダーを引き付けて流し打つと、打球はレフトスタンドに入るソロホームラン。

カープが1点を返し、1-2と1点差とします。

 

しかし、今日はジョンソン投手がピリッとしません。

 

 

2回の2アウト1, 2塁のピンチは何とかしのぎますが、3回の表。

 

先頭の柳田選手をフォアボールで歩かせると、江川選手が送りバント、中村選手セカンドゴロで2アウト3塁。

迎えた川島選手への4球目、内角へのストレートを捕らえられると打球はレフトスタンドに飛び込むツーランホームラン。

2点を追加され1-4とリードを3点に広げられます。

 

さらに4回、先頭の甲斐選手にフォアボールを与えるとバンデンハーク投手の送りバントで1アウト2塁。

松田選手の打席で今度はストレートが引っ掛かり1アウト3塁とすると、低めのカーブでサードゴロに打ち取りますが、この間に3塁ランナーの生還を許し、点差は4点に広がります。

 

何とか反撃に出たいカープは4回の裏。

先頭の丸選手が再びやってくれます。

フルカウントから粘って迎えた9球目、真ん中付近にきたストレートを再び引き付けて逆方向へ打ち返すと、またまたレフトスタンドに消える2打席連続ホームラン。

2-5と3点差に迫ります。

 

5回をジョンソン投手が三者凡退で抑えるとその裏、カープは石原選手のところで代打庄司選手を送ります。

ここは空振り三振に倒れますが、続く代打・天谷選手がレフト前ヒットで出塁。

打順は先頭に戻って田中選手でしたが、2球目の内角ストレートにセカンドゴロダブルプレー、チャンスを広げることができません。

 

6回からカープは九里投手をマウンドに送ると、6回・7回を3三振を含むパーフェクトピッチング。

 

反撃したいカープは6回の裏、1アウトから三度丸選手。

今度も真ん中付近のストレートを引き付けての逆方向でした。

三打席連続の流し打ってのソロアーチで3-5、2点差まで迫ります。

 

7回裏のカープは先頭のエルドレッド選手がレフト前ヒットで出塁すると2アウトから代打・西川選手がセカンドへの内野安打で、ホームラン以外ではこの試合初めて得点圏にランナーを置きます。

 

しかし田中選手が高めのストレートで空振り三振に倒れてチャンスを生かせず。

 

8回のマウンドには一岡投手。

3連投となったマウンドでしたが2三振を含む三者凡退に抑えて同点の目を残します。

 

その裏のカープの攻撃、ホークスは岩嵜投手へと継投します。

先頭の菊池選手が追い込まれながらも高めのストレートをレフトへのヒットで出塁すると、打席には今日三打席連続ホームランの丸選手。

 

ここが今日一番の盛り上がりでした。

残念ながら低めのフォークに空振りの三振に倒れると鈴木誠也選手がセカンドゴロダブルプレーに倒れてスリーアウト。

 

9回を今シーズン初登板となった今井投手が2アウト1, 2塁を何とか抑えますが、その裏のカープはサファテ投手の前に三者凡退で終わりゲームセット。

 

ホークスとの3連戦初戦を落とし、交流戦ゲーム差なしの2位に後退です。

 

 

試合感想

ジョンソン投手は、まだベストな状態に戻るまでにはもう少し時間が必要だと思います。

先週復帰こそしていますが、落ちた体重はまだベストまで戻っていない状態です。

下半身の粘りも好調時ほどはなく、結果としてコントロールの乱れや球のキレが一段落ちることにつながってしまっているように思います。

 

昨年異例ともいえる3年契約を結んだ影響ではないかという声も聴かれますが、個人的にはそんなことはないと思います。

キャンプで作った体を長期静養で全て1から作り直さなければいけなくなったこと、そしてそれが戻り切っていないこと。

これが原因だと思います。

 

チーム事情と何よりも本人の強い責任感から戻ってきてくれたジョンソン投手を信じて、長い目で応援したいと思います。

最悪の場合は再度2軍で再調整してもらう選択肢もあるとは思いますが、登板を重ねるうちに良くなってくると信じています。

 

その一方でジョンソン投手の良さも垣間見えました。

何より、ジョンソン投手が先発だとリズムが良く、試合時間が短くなる傾向にあります。

今日も3時間かからずにゲームが終わりました。

長いシーズン、短い試合時間で少し余裕をもって休むことも選手たちには必要なだけに、今度はジョンソン投手好投、かつ2時間台のゲームを見せてもらいたいですね。

 

九里投手のピッチングからは意地を感じました。

首脳陣もしっかり見ているはずです。

長いシーズン、今後も先発ローテーションに何かあれば筆頭候補なのは間違いないと思うので、今後も腐らず今日のような気持ちのこもったピッチングを見せてもらえればと思います。

 

一岡投手は今シーズン初の3連投でしたが見事に期待に応えてくれました。

ビハインドで点差を広げられないことが逆転を得意とするカープを支えています。

一時期の不安定なピッチングが続いた時期から立ち直りって調子も取り戻してくれており、頼りになる投球を見せてくれていますね。

 

今井投手は今シーズン初登板、2年ぶりの1軍登板を何とか無失点に抑えました。

層の厚いカープ投手陣に食い込んでこれるか、少ないチャンスで今後もアピールが続きます。 

 

 

 

打つ方では丸選手が交流戦ですさまじい活躍を見せてくれていますね。

3本とも逆方向への一発はお見事としか言いようがありません。

 

特に2本目は圧巻でした。

追い込まれてもファールで粘って粘って最後、甘く入ってきたところを逃しませんでした。

 

ただ今日は接戦の割には完敗に近い印象です。

バンデンハーク投手を打ち崩せそうなチャンスはありながら、ダブルプレーもあり得点圏にランナーを進めたのは、降板後、8回の岩嵜投手相手の1度だけ。

 

これでは得点はなかなか入りません。

ヒットはそれなりには打っていますので長いシーズンこういう日もあると割り切るしかないでしょうか。

 

明日は違う展開に期待しましょう。

 

6/17の試合展望

予告先発はカープが野村投手、ホークスは松本投手です。

 

野村投手は今シーズンここまで10試合に登板3勝2敗、防御率は2.45。

先週のイーグルス戦は8回途中2失点の好投を見せましたが、美馬投手との投げ合いに敗れ、敗戦投手となっています。

  

交流戦優勝のためにはもう負けられません。

その試合を今シーズン、先発陣を引っ張ってくれている野村投手に託します。

 

先週は登録抹消から復帰してから2試合目の登板で、抹消前と変わらぬ安定感抜群の投球を見せてくれました。

明日は今日と違って先手を取る展開に持ち込みたいだけに、序盤3回までのピッチングがカギとなりそうです。

 

対する打線の相手は松本投手です。

ここまで5試合に登板、うち先発は3試合で1勝1敗防御率は7.23。

前回登板となったタイガース戦では5回4失点で敗戦投手になっています。

 

防御率の示す通り、ここまで先発で3試合の登板、いずれも試合を作ることはできていません。

もっとも良かった初勝利を挙げたDeNA戦でも6回途中までで3失点。

今のカープ打線であれば序盤に捕まえて野村投手を援護する展開も十分に期待できそうです。

 

ただ、勝負は何が起こるか分かりません。

交流戦優勝への望みをつなぐためにも、カープ打線の勝負強い打撃に期待しましょう。

 

残り2試合を1勝1敗でホークスと2チームが首位で並んだ場合は、当該チーム同士の対戦成績が優先されるため、あと1敗すると優勝の可能性がなくなります。

(ライオンズが連勝するとどのみち優勝できませんが)

 

タイガースも含めて3チームが首位に並んだ場合は変則的な得失点のような形で決まることになりますが、あと1つ負ければ優勝の可能性はなくなるくらいに考えてよい状況だと思います。

 

一方で、まだあと2つ勝てば問答無用で自力優勝を決められる状況です。

地元、マツダスタジアムのファンの大声援をバックに最後まで優勝目指して戦いましょう!

引き続き、一戦一戦、チーム一丸で明日も頑張ろう、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング