僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/7のカープ 日ハム戦 驚異の本塁打率バティ砲 課題の守備は…

6/7のカープ試合速報です、ファイターズ戦は8-3でカープが勝ちました。

大瀬良投手が先制点を許しますがバティスタ選手の一発で試合をひっくり返します。その後も斎藤佑樹投手、エスコバー投手を攻め立て大量リードを奪ったカープ。大瀬良投手も中盤以降立ち直り、一岡投手、中田投手のリレーで5回以降をパーフェクト。カープ4連勝です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 2 1 4 1 0 0 0 0 8 15 0
日本ハム 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3 5 0

 

投手情報 

勝利投手 大瀬良 (4勝0敗0S)

敗戦投手 斎藤佑樹 (1勝2敗0S)

セーブ   なし

広島 大瀬良 、一岡 、中田 - 會澤 、石原

日本ハム  斎藤佑樹 、エスコバー 、玉井 - 大野 、清水

本塁打   バティスタ 3号(2回表2ラン) 、バティスタ 4号(5回表ソロ)

 

試合概要

試合は大瀬良投手、斎藤佑樹投手の先発で始まります。

  

初回カープは丸選手がフォアボールで塁に出ますが無得点。

一方の大瀬良投手の立ち上がり。

  

先頭の西川選手にストレートが4球続けてストライクに入らずフォアボールで出塁を許すと、杉谷選手のバスターエンドランのショートゴロの間に2塁に進まれます。

続く、レアード選手を追い込みながらも内角に投じたストレートをセンターへきれいにはじき返され先制を許します。

 

早めに追いつきたいカープは直後の2回、先頭安部選手が高めに浮いたフォークを捕らえると打球はフェンスぎりぎり、入ったかにも思えるような打球でスリーベース。

いきなりチャンスを作ります。

 

続くエルドレッド選手が内角シュートに詰まって浅いセンターフライ、松山選手は外のボール気味のシュートを引っかけてセカンドゴロで2アウト。

無得点に終わると嫌な展開で、打席にはバティスタ選手。

 

1ボールからの2球目、外角のフォークをとらえました。

打球はぐんぐん伸びてレフトスタンドに入る逆転のツーランホームラン。

貴重な一打でとられた次の回に2-1とすぐに逆転に成功します。

 

 

 

さらに3回、先頭の田中選手がヒットで出塁して再びチャンスを作ります。

菊池選手の打席、2球目にスタートを切りますがここは盗塁失敗、チャンスがしぼんだかに思えましたが、菊池選手がレフト前ヒット、丸選手がセカンドへの内野安打で塁に出て1アウト1, 2塁とチャンスを作り出します。

 

打席には鈴木誠也選手。

2-2からの5球目内角へのシュートをセンターへはじき返すタイムリーヒットで追加点。

最近当たりが止まっていましたが、ここで意地を見せました。

 

援護に恵まれ、すんなりいきたい大瀬良投手でしたがその裏、ピンチを迎えます。

先頭の中島選手に外のカットボールをセンターへ運ばれますが、続く西川選手をショートライナーに打ち取り1アウト1塁。

 

杉谷選手には追い込みながら低めのボール気味のフォークを拾われレフト前に落とされるとレアード選手に内角のカットボールをレフト前へはじき返されるタイムリーを浴び、3-2と1点差に迫られます。

なおも1アウト1, 2塁のピンチで中田選手を内角高めのストレートで見逃し三振。

 

2アウトで迎えるは田中賢介選手。

2球で追い込んで投じた3球目、ボール気味のフォークを拾われると打球はセンターへ落ちそうな当たり、落ちれば同点の場面で昨日のお返しとばかりに丸選手がスライディングキャッチのファインプレー。

大瀬良投手とチームを救います。

 

これでさらに勢いに乗ったか、打線は4回も斎藤投手に襲い掛かります。

先頭・松山選手がバットを折られながらもセンター前ヒットで出塁すると、バティスタ選手がフェンス直撃の2ベースで続き、0アウト2, 3塁。

ファイターズはここで斎藤佑樹投手を諦め、エスコバー投手を投入します。

 

打席には會澤選手。

追い込まれて迎えた外角低めのスライダーに食らいつきセンター前タイムリー、続く田中選手も外のストレートをはじき返すレフトへのタイムリーで2点を追加します。

 

なおも0アウト1, 2塁の場面で菊池選手はセーフティ気味のバントを試みますがファールフライとなり1アウト。

ここで切れると嫌な感じでしたが続く丸選手、追い込まれながらも低めのボール気味のストレートをレフトへはじき返すタイムリーツーベースでさらに1点を追加します。

鈴木誠也選手もライトへ犠牲フライをきっちり打ち上げこの回一気に4点を追加、7-2と5点のリードを奪います。

 

しかし大瀬良投手がピリッとしません。

1アウトから松本選手にストライクが入らずストレートのフォアボールを与えると、大野選手にフルカウントから3塁線を破られるツーベースヒットを許します、スタートを切っていた松本選手にホームに帰られ1点を返されます。

 

何とか後続を断って迎えた5回。

2アウトから打席にはバティスタ選手。

2ストライク1ボールと追い込まれて迎えた4球目、外角へのボール気味のチェンジアップを強引にすくい上げると打球は再びレフトスタンドへ消えるソロホームラン。

8-3と再びリードを5点に広げます。

 

これで気合が入ったか、ファイターズ打線の心が折れたか、大瀬良投手は5回から7回まで連続で三者凡退に抑えて試合の大勢を決します。

 

8回を一岡投手、9回を中田投手がパーフェクトリレー、5回以降ランナーを許さずにゲームセット。

カープ、4連勝です。

 

 

 

試合感想

バティスタ選手…味方でもちょっと怖いくらい当たっていますね。

デビュー10打席でホームラン4本、ツーベース1本。

何ですか、これ。

 

しかも今日は貴重な逆転ホームランにチャンスを広げるツーベース、ダメ押しのホームラン。

育成選手どころか超主力級の働きです。

 

もちろんこれが続くとは誰も思っていませんが、それにしてもチームを本当に勢いづけてくれています。

若く、経験が浅いだけに自分を見失わないかだけが少し心配になりますが、助っ人陣の兄貴分、エルドレッド選手がアドバイスしてくれるはず…とにかく今は勢いのままに暴れてもらいましょう。

 

守備では得点圏にランナーを背負ってのフライで危なっかしい場面がありました。

2軍では昼の屋外での試合がほとんどでしょうから、ナイターやドーム球場での守備経験はそれほどないんだと思います。

見え方は違うでしょうから、ここは慣れるまで我慢するしかありません。

現在の打撃状態であれば、目をつぶる価値は十分にありそうです。

  

バティスタ選手に限らず、少し苦しんでいた鈴木誠也選手が2打点を挙げるなど、斎藤佑樹選手に持ち前のランナーを背負ってからの粘りを発揮させませんでした。

ノーアウトからの盗塁死など、中盤嫌な雰囲気になりかけましたが、お構いなしに打って、しっかりあと一本を出してくれました。

 

 

大瀬良投手は序盤不安定でしたね。

シーズン序盤によく見た、援護を受けたら受けた分だけ点を取られる、そんな展開になりかけた中、よく踏ん張りました。

 

3回の同点になりかけた場面での丸選手のスライディングキャッチ。

あのプレーに大瀬良投手もチームも救われました。

本当にビッグプレーでしたね。

 

なんだかんだ言いながらも最後は3回パーフェクトに抑えて7回5安打2四球3失点。

7回まで長い回を投げ、大量リードを保ったことで勝ちパターン3投手を温存できました。

結果的には昨日の展望で描いていた理想的な展開での勝利となりました。

 

ただし、印象面はあまりよくありません。

良く持ち直してはくれましたが、おそらく首脳陣も同様の印象をもっているはずです。

反省すべきところは反省し、次回登板できっちり修正してもらいたいところです。

 

さて、いろいろ書きましたが結果は理想的な展開での勝利。

中継ぎ陣の負担軽減も達成し、敵地6連戦を連勝スタート、間違いなく大きな勝利となりました。

 

6/8の試合展望

予告先発はカープが岡田投手、ファイターズは浦野投手です。

 

岡田投手はここまで10試合に登板、5勝2敗防御率は3.44。

前回登板となったライオンズ戦では8回4失点で敗け投手になっています。

 

前回登板では4点を取られてから立ち直り、今シーズン2度目の完投で敗れながらも中継ぎ陣の負担を軽減してチームに貢献してくれました。

今回は、前回の反省を生かしてリードを許さない投球をしてもらいたいところです。

 

今シーズン、ローテーションを離脱することなく先発投手陣を引っ張る貴重な働きをしてくれていることに異論をはさむカープファンはいないでしょう。

 

野村投手が帰ってきて、ジョンソン投手も復帰秒読み。

それでも先発を引っ張ってきたのは俺だ、くらいの強い気持ちを明日の試合にぶつけてもらいたいと思います。

期待しましょう!

 

対する打線の相手は浦野投手です。

5月に昇格、ローテーションに割って入り、ここまで4試合に登板、3勝0敗防御率は2.25。

前回5/26のソフトバンク戦は3回4失点でKOされ、少し登板間隔を開けての先発登板になります。

 

制球は良い反面、バッサバッサと三振を取る球威はありません。

比較的今日の斎藤佑樹投手に近いタイプと言えるかもしれませんね。

それだけに今の当たっているカープ打線であれば攻略できる可能性は十分です。

 

心配があるとすれば浦野投手の登板試合でのファイターズ打線の活発さでしょうか。

4試合で6点、15点、7点、7点。

偶然かもしれませんが序盤で大量点を取る展開が続いています。

 

逆に言えば、岡田投手に序盤をしっかり抑えてもらえば視界は一気に開けそうです。

3回までの攻防に注目したいと思います。

 

敵地6連戦で連勝スタートを飾り勢いに乗るカープ。

この勢いを生かしつつ引き続き、一戦一戦、チーム一丸で明日も頑張ろう、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング