僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

6/1のカープ 西武戦 2アウトから粘り切れず 意地は見せるもあと一歩

6/1のカープ試合速報です、ライオンズ戦は2-4でカープが敗れました。

松山選手のツーランで先手を奪ったカープでしたが、好投していた岡田投手が4回3四死球をきっかけに同点を許します。5回にも2本のタイムリーで勝ち越しを許すと、ライオンズの勝ちパターンをとらえられず、逃げ切られました。連勝は7でストップです。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 9 0
西武 0 0 0 2 2 0 0 0 X 4 6 1

 

投手情報 

勝利投手 十亀 (2勝2敗0S)

敗戦投手  岡田 (5勝2敗0S)

セーブ   増田 (1勝1敗9S)

広島 岡田 - 石原、會澤

西武  十亀、牧田、シュリッター、増田 - 岡田

本塁打    松山2号(2回表2ラン)

 

試合概要

試合は岡田投手、十亀投手の先発で始まります。

  

初回のカープは十亀投手の立ち上がり、先頭の田中選手が高めのカーブをとらえてセンターへのエンタイトルツーベースヒット、いきなり先制のチャンスを作ります。

続く菊池選手はバントできず追い込まれながらも、内角のシュートを右打ち、セカンドゴロでランナーをサードに進めます。

 

1アウト3塁で打席には丸選手、3ボール1ストライクと打者有利のカウントから積極的に打とうとした球は内角への厳しいボール、バットを止めようとしますが不運にもバットに当たってしまい打球は力ないピッチャーゴロに。

続く鈴木誠也選手はスライダーにタイミングが合わずに外へ逃げる球で空振り三振、先制のチャンスを逸します。

 

対する岡田投手の立ち上がり。

1アウトから源田選手にストレートのフォアボールを出しますが、続く浅村選手を外角カーブでタイミングを外してショートゴロダブルプレー、結果的には3人で切り抜けます。

 

続く2回のカープ。

1アウトからエルドレッド選手がフォアボールで出塁すると打席には松山選手。 

 

1ストライクから内角低めへのスライダーをすくい上げました。

打球はライトスタンドに飛び込む貴重な先制のツーランホームラン。

先手を取ることに成功します。

 

2回、3回と岡田投手が三者凡退に仕留めれば、対する十亀投手も3回、4回と三者凡退で返し、迎えた4回の裏。

 

 

先頭秋山選手を2球で追い込みながら、フォアボールで歩かせると続く源田選手にはストライクが入らずストレートのフォアボール。

さらに浅村選手も2球で追い込みながらもストレートが抜けてデッドボール、四死球3つでノーアウト満塁のピンチを招きます。

 

打席には中村選手。

バッテリーは初球にカーブを選びました。

結果的には大正解、タイミングを外してひっかけさせた打球はショートへ、ダブルプレーの間に1点は返されますが、2アウト3塁とアウトカウントを増やします。

 

何とかリードを保ってこの回を終えたい岡田投手でしたが、迎えた栗山選手、4球目外のスライダーにあわされセンター前のタイムリーヒットを許して同点に追いつかれます。

 

再びリードを奪いたいカープでしたが5回の攻撃を三人で抑えられるとその裏のライオンズ。

先頭岡田選手が追い込まれながらも粘って8球目、外のボール気味のカーブをライト前に運ぶと続く金子選手は送りバント。

1アウト2塁と勝ち越しのピンチを迎えます。

 

続く秋山選手のライトへ抜けようかと言う当たりをファーストエルドレッド選手がダイビングキャッチ、好プレーで2アウト3塁までこぎつけます。

何とかしのぎたい岡田投手でしたが源田選手に2球目、真ん中付近に入ったストレートをセンター前にはじき返され、勝ち越し点を許します。

 

さらに浅村選手の打席、初球に盗塁を許すと3球目、甘く入ったカーブをレフト前へ運ばれ、痛い追加点。

2-4と2点のリードを許します。 

 

反撃に出たいカープは6回、1アウトから丸選手が粘ってフルカウントからの8球目低めのシュートをライト前にはじき返し、2回以来、久しぶりのランナーを出します。

続く鈴木誠也選手もファーストストライクを積極的に打ってセンター前へ、1アウト1, 3塁と絶好の反撃機を作り出します。

 

打席には安部選手。

外角に変化球を続けられ、最後は外のシュートに空振り三振で2アウト。

 

続くエルドレッド選手。

フルカウントまで持っていきますが外のボール球の緩いカーブを3球振って空振り三振。

チャンスを生かすことができません。

 

岡田投手はその裏、ライオンズの攻撃を3人で切り抜けます。

 

同点に追いつきたいカープは7回の攻撃。

マウンドにはライオンズ勝ちパターンの一角、牧田投手。

2アウトから西川選手にヒットが出ますが 、続く田中選手はショートゴロ。

チャンスを広げることができません。

 

その裏の岡田投手、再びライオンズ打線を三者凡退、援護を信じて意地のピッチングを見せます。

 

応えたい打線は8回、マウンドにはシュリッター投手。

2番からの好打順でしたが菊池選手ショートゴロ、丸選手三振で2アウト。

 

それでも鈴木誠也選手が外のカットボールをライト前へ、安部選手が高めのシュートをレフト前へはじき返して2アウトから1, 2塁のチャンスを作ります。

 

打席にはエルドレッド選手。

真ん中付近にきたシュートをとらえますが、抜けようかと言う当たりを浅村選手がダイビングキャッチ、好プレーで反撃のチャンスを摘まれます。

 

その裏もマウンドに上がった岡田投手。

源田選手にこの日3つ目のフォアボールを与えるも浅村選手、中村選手を連続三球三振で2アウト。

栗山選手にセンター前ヒットを打たれて、盗塁で2アウト2, 3塁とピンチを広げるもメヒア選手にストレート勝負でサードゴロ。

最後の攻撃に望みをつなげます。

 

9回のカープ、マウンドには増田投手。

先頭の松山選手がファーストへの内野安打で出塁し、希望をつなげます。

 

會澤選手、2-2から高めの釣り球に空振り三振、西川選手も外角高めのストレートに空振り三振。

球威のあるストレートにタイミングが合わず2アウトとなります。

 

最後は田中選手がショートゴロに倒れてゲームセット。

カープ、連署は7連勝でストップです。

 

 

 

試合感想

岡田投手は中5日の登板でしたが、前回の中5日よりはきっちり仕上げてきていました。

中継ぎ投手陣を注ぎ込んでいた中、敗れましたが8回127球完投、6安打5四死球の内容、意地は見せてくれました。

 

今日は源田選手に投げにくそうにしていましたね、足があるだけに過度に警戒しすぎたのかは分かりませんが4出塁1盗塁2得点。

クリーンアップの前に良い仕事をされてしまいました。

 

4回の3連続四死球はうち、秋山選手、浅村選手は2球で追い込んでいただけに非常にもったいなかった…どちらかがなければ、とも思いますが結果論ですね。

一切コントロールが効かなくなったというわけではなかったですが、慎重に行き過ぎたという感じでしょうか。

 

ピンチを招いたのは2点ずつを失った4, 5回と8回のみ。

あとの5イニングは3人で斬っており、悪くなかったと思います。

 

欲を言えば2アウトからの粘りが欲しかった…特に栗山選手の同点打と浅村選手の2点差に広げるタイムリー。

各回2点目を取られたことが結果的には響きました。

 

ただ毎回毎回好投できるわけはありません。

先発としての役割は果たしてくれたと思います。

 

8回はいよいよ佐藤投手の出番かと思いましたが、首脳陣は岡田投手の完投を選びました。

完投させることで岡田投手にもう一皮むけてもらいたい、そして打線にもその心意気を感じてもらい奮起を促したいという意図だったでしょうか。

127球を投げさせたということは薮田投手に目処が立ったこともあり、次回は中6日で行くということでしょう。

 

岡田投手の次回登板に期待しましょう。

 

 

さて、打つ方は初回の攻撃が一つポイントでしたね。

1アウト3塁、3ボール1ストライクから丸選手の止めたバットに当たってしまったあの場面です。

立ち上がりに1点でもとれていれば違った展開になった可能性もあるだけにアンラッキーでした。

  

2回に松山選手の一発で先制こそしましたが3回から5回まで三者凡退。

6回にもチャンスを作りましたが安部選手、エルドレッド選手を上手く攻められました。

 

特にエルドレッド選手の打席はストライクを一球も投げずに三振を取られました。

よく緩いカーブを3球も投げたものだと思います、打ち気を見透かされたか、炭谷選手のリードが冴えていました…。

 

リードして7回はライオンズの得意のパターン。

牧田投手、シュレッター投手、増田投手からそれぞれヒットでランナーを出し、意地は見せましたがそうそう打ち崩せる投手陣ではありません。

8回のエルドレッド選手の当たりは惜しかったですが、浅村選手の守備を褒めるべきでしょう。

 

負けはしましたがナイスゲームでした。

明日からホームに帰って出直しましょう。

 

6/2の試合展望

マツダに戻ってロッテを迎え撃つカープ。

予告先発はカープが九里投手、マリーンズは涌井投手です。

 

九里投手はここまで9試合に登板、4勝4敗防御率は3.74。

前回登板のジャイアンツ戦では8回無失点の快投を見せ、自己最多を更新する4勝目を挙げています。

 

一時期の不調を乗り越え、再び安定感を取り戻している九里投手。

ここ3試合連続で好投しており、相性の良いマツダでの登板と言うことも重なり、明日も大いに期待できそうです。

 

不安があるとすればマリーンズ打線に当たりが出始めていること。

貧打で最下位に沈んでいるマリーンズですが、タイガースとの3連戦では2桁安打2回、計15得点と兆しが見え始めています。

特に角中選手と鈴木大地選手、九里投手が苦手とする左打者二人が当たっているだけに、その前にランナーを貯めない展開で進められるかがポイントになりそうです。

 

対する打線の相手は涌井選手です。

ここまで9試合に登板、1勝4敗防御率は4.15。

前回オリックス戦では7回途中で4失点、勝敗つかずで降板しています。

 

今シーズンは過去2年と比べてやや安定感には欠けていますが、実績は十二分。

長い回を抑え込まれてしまう嫌な展開も可能性としては十分あり得ます。

 

マリーンズの中継ぎ陣は内投手が絶対的な存在として君臨していますが、後の投手はやや安定感に欠けているだけに、スタミナ豊富な涌井投手に長い回を投げさせない展開に持ち込めば勝機は舞い込んできそうです。

打ち崩せなかったとしても、打席で代打を送らざるを得ない展開に持ち込めばカープの打線ならマリーンズ中継ぎ陣を捕らえる可能性は十分です。 

 

少し嫌なタイミングで当たったかな…という気持ちもありますが、連勝が止まった後のゲーム、大型連敗を防ぐためにも明日のゲームが大事になります。

 

明日からホームに戻って出直しです、とにかくチーム一丸、一戦一戦です。

明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング