僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/23のカープ ヤクルト戦 中継ぎ陣無失点リレーも、野村緊急降板 アクシデントか

5/23のカープ試合速報です、スワローズ戦は3-2でカープが勝ちました。

野村投手が3回で緊急降板する展開の中、薮田投手が3回を投げて窮地を救いました。打線もしぶとく1点ずつ積み重ねて逆転。復帰の中崎投手、ジャクソン投手、今村投手のリレーでリードを守り切ったカープ、連敗ストップです。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 10 1
広島 0 1 1 0 1 0 0 0 X 3 9 1

 

投手情報 

勝利投手 薮田 (3勝1敗0S)

敗戦投手  ブキャナン (2勝3敗0S)

セーブ  今村 (0勝1敗8S)

ヤクルト  ブキャナン、近藤、ルーキ、ギルメット - 中村

広島 野村、薮田、中崎、ジャクソン、今村 - 石原

本塁打    なし

 

試合概要

試合は野村投手、ブキャナン投手の先発で始まります。

 

初回は共に三者凡退、両投手とも順調な立ち上がりを見せ、今日も前回同様投手戦が繰り広げられそうな予感が漂います。

 

そんな中迎えた2回、雄平選手に初球をセンターへ運ばれ、打球処理に少し手間取る間に2塁を陥れられます。

続くバレンティン選手には2球続けた内角チェンジアップをレフト前に運ばれるタイムリーヒット、今日もカープは先制を許す展開となってしまいます。

 

さらに大引き選手レフト前、武内選手ライト前と早いカウントから積極的に打ってくるスワローズ打線に4連打を浴びノーアウト満塁のピンチ。

迎えた中村選手は1ストライクから内角低めボール気味のシュートで狙い通りゴロを打たせますが飛んだところが悪くショートへの内野安打。

5連打で2点目を許しさらにノーアウト満塁のピンチが続きます。

 

しかしここから野村投手が粘りを見せました。

ブキャナン投手を外角カーブで空振り三振に打ち取ると、坂口選手はひざ元へのカットボールでファーストゴロ、ホーム封殺で2アウトまでこぎつけます。

続く藤井選手はひざ元へのカーブでライトフライ、2点は許しましたが追加点の大ピンチはしのいで試合は壊しません。

 

踏ん張りに応えたい打線は直後の2回裏に反撃に出ます。

 

 

 

先頭鈴木誠也選手が2ストライクから3球勝負に来たストレートが甘く入ってきたのを逃さずにとらえてセンターへのツーベースで出塁すると、安部選手のつまり気味のショートゴロの間に3塁へ進みます。

エルドレッド選手フォアボールのあと、松山選手が初球ストレートをとらえてセンター前への反撃のタイムリー、すかさず1点を返します。

石原選手、野村投手が倒れこの回は1点止まり。

 

続く3回野村投手はヒットに盗塁、さらにフォアボールで1アウト1,2塁のピンチを招きますが大引選手を外のカットボールでピッチャーゴロ、武内選手を内角高めストレートでファーストファールフライに打ち取りピンチを脱します。

 

打線はその裏、1アウトから菊池選手がフォアボールで塁に出ると丸選手見逃し三振の後、鈴木誠也選手の打席でブキャナン投手がワイルドピッチで2アウト2塁。

もらったチャンスでフルカウントからのストレートを打つと打球はふらふらっとライトの前へ落ちるラッキーな同点タイムリーヒット。

序盤で試合を振り出しに戻します。

 

さぁこれからという場面で、4回のマウンドには薮田投手。

野村投手は3回51球での降板、何らかのアクシデントが発生した可能性が高そうです。

 

スクランブル登板となった薮田投手は4回を三者凡退に抑えるナイスピッチング。

その裏、打線は連打と山田選手のファンブルで1アウト満塁の勝ち越しチャンスを作りますが、打線のめぐりが悪く薮田投手見逃し三振、田中選手レフトフライでチャンスを生かせません。

 

5回の薮田投手は2アウトから雄平選手にセンターへのヒットを打たれますがバレンティン選手をセンターフライに打ち取り無失点。

 

勝ち越したい打線は5回の裏、先頭菊池選手がブキャナン投手の高めに浮いたチェンジアップを捉えると打球はレフトフェンス直撃のツーベース。

丸選手センターフライの間に3塁へ進むと、鈴木誠也選手はフォアボールで1アウト1, 3塁のチャンスを迎えます。

 

続く安部選手は1ボールからの2球目外角のチェンジアップをライト前へ打ち返す勝ち越しのタイムリーヒット。

カープ、久しぶりにリードする展開を作ることに成功します。

続くエルドレッド選手は2ボールから低めのボール気味のシュートを引っかけてしまいダブルプレーでチェンジ、追加点はなりません。

 

6回もマウンドに上がった薮田投手。

先頭の大引選手を追い込みながらも外角シュートに食らいつかれレフト前に落とされるとこの打球を松山選手が後逸、痛いミスでノーアウト2塁のピンチを招きます。

続く武内選手は初球ストレートでセカンドゴロに打ち取り1アウト3塁。

 

中村選手は追い込んでから粘られ、フルカウントで迎えた10球目、渾身の内角ストレートで詰まらせファーストファールフライで2アウトまでこぎつけます。

代打・今浪選手にも内角ストレート勝負、1ボールからの2球目でショートフライに打ち取りリードを守ります。

 

その裏、代わった近藤投手から2アウトからペーニャ選手のヒットと田中選手の意表をつくセーフティバントで1,2塁のチャンスを作りますが菊池選手がフルカウントからストレートに空振り三振、追加点を取れません。

 

7回のマウンドにはこの日復帰したばかりの中崎投手。

先頭坂口選手を外角スライダーで空振り三振、藤井選手も外角スライダーでサードゴロに打ち取ると、山田選手にはフルカウントからフォアボールを与えますが雄平選手を内角ストレートで詰まらせショートフライに抑え、見事無失点で自身の復帰戦を飾ります。

 

8回はいつも通りジャクソン投手。

バレンティン選手、大引選手を連続三球三振仕留めますが、武内選手にフルカウントからフォアボール、中村選手ヒットで1, 2塁のピンチを招きます。

代打・大松選手は2球ストレートで追い込むと最後はボール気味のスライダーを引っかけさせてファーストゴロ。

リードを死守します。

 

最後は今村投手。

先頭坂口選手に初球スライダーをセンターへ打たれヒットで出塁を許しますが、バントを試みた藤井選手が初球高めストレートを上げてピッチャーフライで1アウト。

山田選手はフルカウントから外いっぱいのスライダーを投げ切り、バットに当てるだけで精いっぱいのセカンドフライ。

雄平選手の打席で盗塁を許し2アウト2塁のピンチを迎えますが最後は低めのフォークでライトフライでゲームセット。

 

カープ、中崎投手が復帰した中継ぎ投手陣が奮闘し、連敗ストップです。

 

 

 

試合感想

今日は中継ぎ投手陣ですね。

野村投手は3回51球で降板、何らかのアクシデントが発生したとみて間違いないでしょう。

 

中崎投手が復帰し、ジョンソン投手も復帰間近。

ようやく戦力が整いそうという場面で、野村投手が離脱するようなことになればチームにとって非常に大きな痛手となります。

長期離脱につながるような大きなアクシデントでないことを祈りましょう。

 

緊急登板だったはずの薮田投手はストライク先行の素晴らしいピッチングでした。

3イニングを投げ切ってくれたことで野村投手の降板のダメージを最小限にとどめることができました。

 

6回の味方のエラーが絡んだピンチにも強い気持ちで、相手に粘られても内角に投げ切りましたね。

今日の試合の勝ちを呼び込んだ立役者でしょう。

 

中崎投手が復帰していたことも非常に大きかった試合展開でした。

復帰初戦ということで7回のマウンドになったのだと思いますが本人の話していた通り状態は良さそうですね。

球速もまずまず出ていましたし、スライダーも切れていました。

 

7回を任せる投手で苦しんでいただけに、中崎投手、ジャクソン投手、今村投手の勝ちパターンが復活するのは非常に大きな戦力アップになります。

 

ジャクソン投手、今村投手も中崎投手の復帰戦好投に負けじと意地を見せてくれました。

良い刺激をしあって、互いに高めあっていってほしいですね。

中継ぎ陣については今日で一つ目処が立ったのは明るい話題でしょう。

 

 

  

打つ方では先頭がツーベースで出た2回、5回ともに次の打者がアウトになりながらも何とか3塁に走者を進めることができていました。

ラッキーな形で1ヒットで1点を取った3回もそうですが、ドラゴンズ戦でできなかった粘り強く1点を積み重ねる攻撃が今日はできていました。

 

この攻撃を忘れずに継続できるか、明日以降の攻撃陣に期待しましょう。

 

5/24の試合展望

予告先発はカープが大瀬良投手、スワローズが石川投手です。

 

大瀬良投手はここまで7試合に登板、1勝0敗防御率は3.65。

前回登板のベイスターズ戦では7回1失点、今シーズン一番のピッチングを披露しました。

 

ただスワローズ相手には前回神宮で5回6失点とやられているのがやや気にはなります。

伏兵の大引選手、それとバレンティン選手に一発を浴びており、神宮よりは広いマツダとはいえ、一発には要警戒でしょう。

 

今日の試合でも山田選手、雄平選手、バレンティン選手のクリーンアップは嫌な雰囲気が漂っていました。

特に大瀬良投手は左より右に打たれる傾向があるので山田選手、バレンティン選手の一発に警戒ですね。

その前の坂口選手、藤井選手を抑えられるかが一つカギになりそうです。

 

不幸中の幸いで明日は試合が組まれていませんが、今日は野村投手のアクシデントで中継ぎ陣が6回を投げる展開となっただけに、中継ぎ陣の連投は避けられるなら避けたいところ。

前回同様7回まで投げてくれる展開となれば理想的です。 

 

対する相手先発は石川投手。

ここまで8試合に登板、4勝3敗で防御率は4.87。

前回ジャイアンツ戦では6回途中無失点、7安打を浴び、ランナーを出しながらも何とか粘って試合を作っています。

 

今シーズンカープとは早くも4度目の対戦。

過去3試合は2勝1敗防御率2.95とカープに対する相性は良さそうです。

ヒットはそれなりに出てランナーを貯めながらも、最後は上手くかわされる展開が目につきます。

 

先日のドラゴンズ戦、吉見投手登板試合のような、ヒットを打てはするけど気が付いたら点を取れずに中継ぎ陣につながれるパターンは避けたいところ。

 

石川投手自身は今シーズン左打者に良く打たれています。

田中選手、丸選手に打席が回る初回、石川投手の立ち上がりを攻めて先制する展開に持ち込みたいですね。

 

今日の中継ぎ陣の明るい材料を明日の試合にもつなげたいカープ。

連勝で悪い流れを完全払拭といきましょう。

 

明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング