僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/20のカープ 中日戦 九里の投球に光明も進塁打が出ず 1点の重みをかみしめる

5/20のカープ、試合速報です。

今日のドラゴンズ戦は1-2でカープが敗れました。

先発、九里投手が7回2失点の好投をみせますが、打線が相手投手陣を打ち崩せずに見殺しに。終盤はノーアウトからのランナーを中々進めることができず、痛い連敗です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 1
中日 0 1 0 0 0 1 0 0 X 2 9 0

 

投手情報 

勝利投手 又吉 (3勝0敗0S)

敗戦投手  九里 (3勝4敗0S)

セーブ  田島 (1勝1敗10S)

広島 九里、薮田 - 會澤

中日  又吉、三ツ間、岩瀬、田島 - 松井雅

本塁打    なし

 

試合概要

試合は九里投手、又吉投手の先発で始まります。

 

カープは初回、又吉投手の前に三者凡退、対する九里投手も左打者3人を並べてきた1-3番を三者凡退に斬って取り、両投手とも順調な立ち上がりを見せます。

 

最初にチャンスを掴んだのはドラゴンズでした。

2回の裏、先頭ビシエド選手が追い込まれてからの内角シュートに詰まりながらもレフト前に落とし出塁すると、続く平田選手の当たりを久々のスタメン出場のサード西川選手がファンブルし、エラーでピンチを広げます。

 

続くゲレーロ選手を初球内角シュートで注文通りのショートゴロダブルプレーに打ち取り、2アウト3塁。

7番、藤井選手はフルカウントから外角のチェンジアップにしっかりついてきました、センター前に運ばれ、今日も先制点を許します。

 

3回は両軍ともに三者凡退で終わり、迎えた4回の表のカープの攻撃。

 

 

 

先頭の田中選手がフォアボールでランナーに出ると西川選手レフトフライのあと、丸選手が初球ストレートをライト前に打ち返し1アウト1, 3塁の同点のチャンスを作ります。

 

打席には4番、鈴木誠也選手。

初球の内角ストレートを打ち損じてサードへのファールフライとなりますが、1塁走者の丸選手が好判断を見せて2塁を陥れて2アウト2, 3塁。

一打逆転のチャンスへと広げます。

 

打席には5番の安部選手。

フルカウントからの内角ストレートをはじき返すと打球はライト前へタイムリーヒット、丸選手が一気に逆転のホームを狙いますが平田選手が好返球、ホームクロスプレーでタッチアウトとなり逆転はなりませんでした。

しかし、この回カープが同点に追いつきます。

 

カープは5回にも1アウトからの連打で1,2塁のチャンスを作りますが九里投手送りバント失敗、田中選手ピッチャーゴロでチャンスを生かせません。

 

対するドラゴンズもその裏、フォアボールと連打でノーアウト満塁の絶好機を作りますが、九里投手が又吉投手をピッチャーゴロホームゲッツー、京田選手サードゴロに打ち取り絶体絶命のピンチを脱します。

 

6回を三者凡退で攻撃を終えると、直後の6回の裏。

ノーアウトから亀澤選手、大島選手の左打者2人の連打で0アウト1, 3塁の勝ち越しのピンチを迎えるとビシエド選手を外角スライダーでショートゴロダブルプレーに打ち取る間に勝ち越し点を許します。

 

反撃に出たい打線は7回、先頭の安部選手がフォアボールで出塁しますが、松山選手が2ボールからのストレートを打ち上げてしまいレフトフライ、ランナー進められないと、続く會澤選手はセカンドライナー。

スタートを切っていた安部選手は戻れず併殺となり、チャンスを広げることができません。

 

7回もマウンドに上がった九里投手は2アウトから松井選手にヒットこそ許しますが、無失点に切り抜け7回2失点のナイスピッチング。

 

追いつきたい打線は8回、代わった三ツ間投手に野間選手、代打・エルドレッド選手が打ち取られ2アウト。

菊池選手の欠場で左打者が並ぶ先頭に打順が回ったところでドラゴンズは岩瀬投手にスイッチ。

 

田中選手は内角ストレートをレフト前に運び出塁し、西川選手に代打・新井選手。

フルカウントからの7球目、ひざ元へのスライダーをすくい上げますが打球はセンターフライ。

同点に追いつくことができません。

 

その裏、カープは昨日登板しなかった薮田投手をマウンドに送り出します。

先頭京田選手に1-1からの3球目、外角シュートをライト前に運ばれ出塁を許すと続く亀澤選手は送りバントで1アウトランナー2塁。

 

大島選手にはストライクが入らずストレートのフォアボールで1, 2塁となりますが、ビシエド選手は低めのシュートを連投し空振りの三振に抑え2アウト。

続く平田選手にも同様の沈み気味のシュートを多投しますが、見極められてフォアボールで2アウト満塁、ピンチが広がります。

 

ここで迎えるはゲレーロ選手、沈み気味のシュートで空振りを奪い1ストライクで迎えた2球目、低めに渾身のストレートを投じると打球はショートゴロ。

ピンチをしのぎ、昨日と同様1点差で最終回の攻撃に望みをつなぎます。

 

カープの最終回の攻撃、マウンドには田島投手。

先頭の丸選手は2球で追い込まれますが、ボール球をしっかりと見極め、最後はストレートが内角低めに外れてフォアボール、ノーアウトで同点のランナーが塁に出ます。

 

続く鈴木誠也選手は1-1から外角高めのストレートを狙いますが、打ち上げてしまいライトフライで1アウト。

5番の安部選手は内角低めのフォークに空振り三振。

ランナーを進めることができません。

 

2アウト1塁で打席には松山選手。

2球で追い込まれますが、外のストレートを見て1ボール2ストライクで迎えた4球目、勝負に来た外角フォークをライト前へはじき返し2アウト1, 3塁と同点のチャンスを作ります。

 

続く會澤選手。

外の変化球を二球見極めて2ボールからの3球目、ストレートに絞って打ちに行きますが、内角高めの球威に押されて打球は力ないセカンドフライ。

 

カープ、連日の後手に回る展開で接戦を落とし連敗です。

 

 

 

試合感想

九里投手は悪い時期を抜け、再び調子を上げてきました。

左打者5人の打線に苦戦をする場面はありましたが7回117球8安打1四球2失点。

 

昨日中継ぎ陣の大半を注ぎ込んでいただけに、7回まで投げてくれたことは非常に勝ちがあるだけでなく、それを2失点達成してくれました。

負け投手にはなってしまいましたが、チームを救う素晴らしいピッチングだったと思います。

次回以降の登板にますます期待したいですね。

 

ここにきて野村投手、岡田投手に加えて、大瀬良投手、九里投手の好投、中村祐太投手の台頭と先発投手陣には明るい材料がそろってきました。

あとはジョンソン投手が戻ってきてくれれば…というところですがもう少しかかりそうです。

 

裏を返せばジョンソン投手が復帰すれば誰かがローテーションを外れます。

生き残りをかけたアピール合戦で誰を外せばいいのか首脳陣を悩ませるような展開を期待したいところです。

 

さて、一方の打つ方は昨日、今日と勝ち越し点を取れずに、同点までは何とかいきますがリードを奪えない展開で連続して接戦を落としてしまいました。

 

少し気になるのはノーアウトでランナーを出しながら次の打者がランナーを進められていない点です。

 

 

  

今日は4度、先頭を塁に出しながら、次の打者で得点圏には一度も進められませんでした。

 

特に追い込まれてもいない、浅いカウントでストレートを狙いに行って打ち上げる打席を何度も見ました。

7回、9回と1点を追う終盤にも同様の場面が見られた点は、相手を助ける淡白な攻撃と断じられても仕方がないでしょう。

 

ゴロを打ってダブルプレーよりはマシという見方もできるのかもしれませんが、ノーアウトからの攻撃に明確な意図を感じられない点は気がかりですね。

 

毎度毎度、ホームランが出たり、ヒットがつながり得点できるわけではありません。

 

昨日・今日とロースコアでのゲームを落としたことで、1ヒットでしぶとく1点をつかみ取るような攻撃に今の打線は課題を残していることを浮き彫りにしてくれたように思います。

この課題に対して、カープ打線がどのような答えを見せてくれるのか、簡単ではないですが昨年の経験で一回り成長したカープ打線は何らかの対応を見せてくれるはず、そう信じて応援したいと思います。

 

5/21の試合展望

予告先発はカープが福井投手、ドラゴンズが吉見投手です。

 

福井投手はここまで2試合に登板、1勝1敗防御率は6.75。

前回2週間ぶりの登板となったスワローズ戦では6回7失点KOでした。

 

ローテーション、および一軍の生き残りをかけた登板となります。

来週は木曜日に試合が組まれていないために週5試合となります。

野村投手、大瀬良投手、岡田投手、九里投手の登板は確定でしょうから、最後の日曜日の先発をめぐって、中村祐太投手と争う形になりそうです。

 

現状では中村祐太投手が2歩リードという感じでしょうか。

明日よほどの好投を見せなければ一度、一軍から抹消される展開になりそうです。

 

今シーズン、福井投手は良かったころの球威を取り戻せていません。

もともとコントロールは良い方ではないだけに、球威まで戻っていなければ6回3失点でいってくれれば御の字という展開になってしまいそうです。

福井投手の意地に期待しましょう。

 

対する相手先発は吉見投手。

ここまで6試合に登板、0勝4敗で防御率は3.94。

先週のスワローズ戦では8回1失点の好投を見せながらも勝ち星に恵まれていません。

 

今シーズンは内容の良い登板と、それほどでもない登板が半々といった感じできていますが、打線との巡り合わせが悪く、まだ白星がありません。

前回カープとの対戦時は悪い方の吉見投手で6回途中6失点でした。

 

経験は十分にあり、投球術に長けるだけにスイスイ投げられるような展開だけは避けなければいけません。

そのためにも明日こそは先制点を何としても取って、今シーズンまだ勝ち星の無い吉見投手の精神面につけ込む展開に持っていきたいところです。

 

左打者の方がやはり有利そうですが、新井選手が前回対戦時に当たっていました。

調子はあまりよくなさそうですが、首脳陣がどのように判断するでしょうか。

 

菊池選手が再び休むようであれば再び西川選手サード、安部選手セカンドという起用があるかもしれませんね。

 

ここにきて打線の勢いに再び陰りが出始めています。

連打連打で大量点という可能性はそれほど高くはないでしょう。

破壊力には疑いの余地がありませんが、こういう時にどういった攻撃を見せてくれるのか、注目したいと思います。

 

 さて、明日は谷間の福井投手の登板を連敗という最悪の形で迎えることになってしまいました。

3タテを阻止できるのか、今こそチームとしての粘り強さが試されます。

 

厳しい展開が予想されますが、精一杯応援しましょう。

明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング