僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/17のカープ DeNA戦 ミスミス自滅 勢いを手放す痛すぎる試合

5/17のカープ、ベイスターズ戦は4-5でカープが敗れました。

大瀬良投手の今シーズン一番のピッチングに応えた打線が逆転。勝ちが見えたところでエラーと状況判断ミスで同点に追いつかれると10回はノーヒットで勝ち越しを許す展開。自滅で良い流れを消し去って余りある、尾を引きそうな敗戦です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
DeNA 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 5 6 0
広島 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4 10 3

 

投手情報 

勝利投手 山崎康 (1勝1敗2S)

敗戦投手  一岡 (1勝2敗0S)

セーブ  パットン (2勝2敗7S)

DeNA  ウィーランド、三上、砂田、田中健、山崎康、パットン - 戸柱

広島  大瀬良、ジャクソン、今村、一岡 - 會澤

本塁打    ウィーランド1号(6回表ソロ)、田中1号(7回裏2ラン)

 

試合概要

試合は大瀬良投手、ウィーランド投手の先発で始まります。

 

試合は静かな立ち上がりを見せ、お互い初回は三者凡退で無失点に抑えます。

 

大瀬良投手は2回も三者凡退に斬って取ると、その裏打線がチャンスを作ります。

1アウトからこの日5番で起用された安部選手がレフト前ヒットで出塁するとエルドレッド選手がフォアボールでつなぎ1アウト1,2塁。

松山選手は初球の内角低め、ボール気味のストレートを打ち上げセカンドフライに倒れますが、會澤選手がショートへの内野安打。

2アウト満塁まで攻め込みますが、ここは打順の巡りが悪く大瀬良投手がバットには当てますがライトフライに倒れて無得点に終わります。

 

直後の3回、大瀬良投手は先頭、石川選手にレフト前ヒットで出塁を許しますが、ウィランド投手にバントをさせず三振に打ち取ると、石川選手の盗塁を會澤選手が刺し、結果的には3人でこの回も無失点に抑えます。

 

続くチャンスは再びカープ。

直後の攻撃で先頭、田中選手がショートへの内野安打で塁に出ると菊池選手の打席で盗塁成功、さらに菊池選手もフォアボールでつなぎ0アウト1, 2塁のチャンスを作ります。

 

ここで丸選手は初球から積極的に甘めのチェンジアップを打って出ますが、打球は捉えたもののショートへのライナー。

飛んだところが悪く、田中選手が戻れずにダブルプレー。

運にも見放されてチャンスを潰してしまいます。

 

4回はともに再びの三者凡退。

5回、大瀬良投手は田中選手のエラーでランナーを許しますが得点圏には進ませずに無失点で切り抜けます。

その裏カープはツーアウトからその田中選手がスリーベースでチャンスを作りますが菊池選手が内角ストレートを打ち上げてレフトフライ。

 

カープがチャンスを作りながらもあと一本が出ない展開で5回まで試合は0-0。

大瀬良投手は5回まで59球1安打無失点、今季一番の投球を見せます。

 

試合が動いたのは6回でした。

先頭ウィーランド投手に投じた1ボールからの2球目、ストライクを取りに行ったストレートを1, 2の3で打たれると打球は伸びてギリギリながらもスタンドイン。

まさかの一撃で先制点を許してしまいます。

2アウトから梶谷選手にも低めのフォークをすくい上げられライトフェンス直撃のツーベースを許しますが好調ロペス選手を外角カットボールでサードフライに打ち取り最少失点でしのぎます。

 

その裏、打線はまたしてもツーアウトから安部選手にツーベースが出ますがエルドレッド選手が高めのストレートにつられて空振り三振。

あと一本が出ない展開を打開できません。

 

嫌な展開でしたが大瀬良投手は7回を6球で簡単に三者凡退に打ち取り打線の援護をひたすら待ちます。

するとその裏、ついに打線が期待に応えました。

 

 

 

100球に達したウィーランド投手をDeNAベンチは三上投手へと交代。

右のサイドスローに対して有利な左打者、先頭松山選手が初球ストレートをライトへはじき返し、雰囲気を作ると代走は野間選手。

會澤選手がきっちりと初球で送りバントを決め、2球でチャンスを作ります。

 

大瀬良投手の打席で代打は西川選手。

スライダーを3球続けられ追い込まれた4球目、真ん中低めのストレートをはじき返すと打球はライト前へ抜ける同点タイムリーヒット。

重苦しい展開をバッティングセンスあふれる若鯉が一振りで打開します。

 

打順は先頭に戻ってこの日2安打の田中選手。

1ボール1ストライクからの3球目、高めに浮いたスライダーを逃しませんでした。

引っ張った打球はカープファンの待つライトスタンド中段に飛び込む勝ち越しのツーランホームラン。

カープが3-1と試合をひっくり返します。

 

さらに菊池選手が1ボールから真ん中付近のストレートを振り抜くと打球はスタンドまでギリギリ届かず、フェンス直撃のツーベースで再びチャンスを作ります。

丸選手がフルカウントから内角高めのスライダーに見逃し三振に倒れたのち、昨日から取り残されていた4番鈴木誠也選手。

 

1-1からの3球目、内角低めのスライダーをレフト前へ落とします。

菊池選手が突っ込み、前進守備の筒香選手の返球はやや逸れますがクロスプレー、タイミングはアウトに見えましたが菊池選手がタッチをかいくぐり生還、貴重な追加点を奪って4-1、点差を3点まで広げます。

 

ここからはカープも勝ちパターンの継投です。

8回は絶好調・ジャクソン投手。

2アウトから内野安打こそ許しますが、得点圏に進ませることなく無失点。

今日もストライク先行の危なげない投球でした。

 

そして9回は今村投手。

先頭梶谷選手を三球三振に打ち取り、続くロペス選手も初球でサードゴロ…かと思いましたが安部選手がイレギュラー気味のバウンドに慌てたか悪送球で出塁を許します。

これで少し動揺したか、続く筒香選手にはストライクが入らず、ストレートのフォアボール。

 

1アウト1,2塁のピンチを招くと、続く宮崎選手の当たりはライトへの際どいフライ、飛び込んだ鈴木誠也選手でしたが取れずに後ろに逸らす間に2点を失いさらに1アウト3塁の同点のピンチ。

 何とか踏ん張り大瀬良投手に勝ちをつけたい今村投手でしたが戸柱選手に初球ストレートをセンター前へはじき返されて同点。

 

石川選手をセカンドゴロダブルプレーに打ち取り何とか同点で食い止めますが、9回に3点リードを追いつかれてしまいます。

その裏のカープは山崎投手の前に三者凡退、試合は延長戦に入ります。

 

延長でカープは一岡投手を起用。

先頭の代打・エリアン選手にストレートのフォアボールを与えると倉本選手に初球で送りバントを決められます。

 

続く桑原選手は追い込んでからの内角ストレート、バットをへし折りピッチャーゴロかと思いましたが、一岡投手がここでまさかの後逸。

1アウト1, 3塁と勝ち越しのピンチを広げると、盗塁を決められ1塁が空いたことで梶谷選手を敬遠、満塁策を取ります。

 

そしてロペス選手への初球でした。

外角高めに浮いたカットボールをライトへ運ばれ勝ち越しの犠牲フライ。

ゴロを打たせたい場面で高めに浮いた球を見逃されませんでした。

ノーヒットで勝ち越し点を許してしまいます。

 

同点に追いつきたいカープでしたがその裏の攻撃は連続三振を含む三者凡退で見せ場なし。 

カープ、掴みかけた上昇気流を自ら手放す痛い敗戦です。

 

試合感想

今日は何と言ったらいいのでしょうか、今シーズンの悪い部分が凝縮したような一戦でした。

守備の粗さと状況判断の悪さ、それにフォアボール。

 

ようやく悪い流れを払拭しての3連勝、今日勝てば大型連勝も見えるところだっただけに、そしてほとんど価値を手中に収めていただけに、9点差をひっくり返されたあの阪神戦に続く、後に尾を引きそうな敗戦です。

 

大瀬良投手は文句なしで今シーズン一番の内容でした。

 フォアボールで余計なランナーは出しませんでしたし、ストライク先行で球数も少なく、打線の援護があれば完投していたのではないかと思える内容でした。

 

いつもであれば崩れそうな先制された後のピンチや、7回も今日は余計な心配とばかりに見事に抑えてくれました。

7回77球、被安打 3無四球1失点。

 

ピッチャー相手の出会い頭のホームランは余計でしたが十二分に勝ち投手に値するピッチングだったと思います。

 

ジャクソン投手は相変わらず安定感抜群の投球を続けています。

ストレート、スライダー共に制球で来ていてカウントを作るのに苦労していません。

ストライク先行で安心して見ていられる投球を続けてくれています。

これでまた1試合記録を伸ばして開幕18試合連続無失点です。

 

今村投手はエラーで出塁を許す不運もありましたが筒香選手へのストレートのフォアボールは余計でした。

鈴木誠也選手は状況判断をもう少しできるようになる必要がありますね…去年もp後ろにだけは逸らしてはいけない場面で、突っ込んで取れずに同点のピンチを広げた場面がありました。

 

積極的な守備を否定するつもりは全くありませんし、それが鈴木誠也選手の守備の魅力だとも思います。

1アウト、しかも3点差あったわけですから取れるか取れないか分からない1アウトにギャンブルするよりも同点のバッターランナーを得点圏に進めないことを優先してほしかった場面だったと思います。

 

記憶にあるだけでも少なくともこれで2度目です。

今後は積極性は維持しながらも冷静な状況判断を併せ持つ選手への成長してもらいたいところです。

 

勝ちパターンに入ったように思える起用法の一岡投手は相変わらず不安定です。

久しく三者凡退に抑えるところを見ていません。

優先順位としては中田投手の方が上ではないかと思いますが、中田投手が登板できない何らかの事情があるのか、それとも一岡投手への首脳陣の期待の表れか。

 

いずれにせよ先頭へのフォアボールに自らのエラーで1アウト3塁の場面を作るようでは今日に関しては自滅としか言いようがありません。

もともと細かいコントロールがある方ではなく、球威も戻ってきていない現状では今後も接戦の場面で起用された際にはドキドキするしかないでしょうか。

 

打線は7回の集中打は見事でした。

 

 

  

西川選手は若いながらも一振りで仕事をする雰囲気をまとっていますし、田中選手もその勢いを逃しませんでした。

それに留まらず、菊池選手が再びチャンスを作り、昨日取り残されていた鈴木誠也選手に当たりが出てダメ押し点も取った…はずでした。

 

ただ欲を言えばウィーランド投手から再三あったチャンスで先制しておきたかったでしょうか。

 

とにかくこれで明日は負けられない試合となってしまいました。

悪い流れを1試合で気分一新、断ち切れるか。

明日を落とすようだと、今日の一敗がさらに重たくのしかかってきてしまいます。

 

5/18の試合展望

予告先発はカープが中村祐太投手、ベイスターズが平良投手です。

 

中村祐太投手はここまで1試合に登板、1勝0敗防御率は5.40。

前回プロ初登板となったドラゴンズ戦は5回3失点ながら打線の援護に恵まれ、見事な初勝利を飾りました。

その試合の記事はこちら↓

bokuranocarp.hatenablog.jp

 

雨天中止がなければ日曜日のジャイアンツ戦での登板予定でしたが、雨天中止に伴うスライド登板の影響で明日は2週間ぶりの登板となります。

今日の嫌な負けを払拭するための期待を若い投手に背負わせなければならなくなったカープ。

中村祐太投手にはとにかく、余計なことは考えず一球一球持てる力を注いでもらいたいところです。

また守備のミスが目立つ野手陣も普段以上に集中した守備で支えてもらいたいところです。

  

対する打線の相手は平良投手。 

ここまで1試合に登板、1勝0敗 防御率は1.80。

FAした山口投手の人的保証でジャイアンツから移籍して、先週のドラゴンズ戦でプロ初勝利を挙げ、一躍注目された投手です。

 

その際は5回を1失点。

経験の浅い投手同士の投げ合いとなるだけに先制点の持つ意味は普段より大きくなりそうです。

それなりにフォアボールももらえそうですが、立ち上がり、今日の悪い流れを払拭するためにも一気呵成に攻め込んでもらいましょう。

 

明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング