読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/10のカープ ヤクルト戦 カミッテるはもう卒業!? 誠也が悪い流れをぶった切る

5/10のカープ、スワローズ戦は8-7でカープが敗れました。

理想的な先制劇も、連敗中のパターンに飲み込まれかけたカープ。若き4番・鈴木誠也選手の脱・カミッテる活躍で悪い流れを切り裂いたカープ最後まで冷や冷やの展開でしたが逃げ切って連敗ストップです。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 3 0 2 0 0 0 2 0 1 8 13 1
ヤクルト 0 2 0 0 4 0 0 0 1 7 7 0

 

投手情報 

勝利投手 薮田 (2勝1敗0S)

敗戦投手 ルーキ (1勝3敗0S)

セーブ  今村 (0勝1敗7S)

広島 野村、鈴木6号(3回表2ラン)、鈴木7号(7回表2ラン)、丸6号(9回表ソロ)

ヤクルト  山中、ギルメット、ルーキ、原樹 - 中村

本塁打    大引2号(2回裏2ラン)、鈴木6号(3回表2ラン)、バレンティン4号(5回裏3ラン)、鈴木7号(7回表2ラン)、丸6号(9回表ソロ) 

 

試合概要

試合は大瀬良投手、山中投手の先発で始まります。

 

初回、連敗ストップに燃えるカープが山中投手の立ち上がりに襲い掛かります。

先頭田中選手が山中投手の3球目、緩いカーブを捉え、センターへのツーベースで出塁すると、菊池選手がしっかりと右打ちを見せてセカンドゴロの間に進塁、1アウト3塁のチャンスを作ります。

 

3番丸選手が3ボール1ストライクから高めの内角スライダーを引っ張りライトへのタイムリーツーベース、左打者2人の長打で先制に成功します。

さらに4番、鈴木誠也選手が2ストライクと追い込まれながら3球勝負に来た外角スライダーをさからわずに右打ち、ライトへのツーベースで追加点を奪います。

 

止まらないカープは5番エルドレッド選手も追い込まれながらも高めのストレートを力で外野まで運び、ライト前ヒットで1, 3塁とチャンスを広げると6番新井選手がフルカウントからしっかり外野フライを打ち上げて犠牲フライで1点を追加。

理想的な初回の攻撃で3点を先制します。

 

打線の援護を受けてマウンドに上がった大瀬良投手は先頭の坂口選手をいきなりフォアボールで歩かせますが後続を断ち切り、初回を無失点に抑えます。

 

そのまま序盤の流れを掴みたいカープでしたが2回の裏、大瀬良投手が捕まります。

先頭バレンティン選手にレフトへのツーベースを浴びて出塁を許すものの、2者連続で内野フライに抑えて2アウト。

 

ピンチを脱したい場面で迎えるは8番、大引選手。

次は投手、1塁も空いている場面でしたが勝負に行ったバッテリーが1-1から投じた3球目、高めに浮いたストレートを打たれると打球はぐんぐん伸びてレフトスタンドへ一直線。

伏兵に痛い一発を浴びて1点差まで詰め寄られます。

 

悪い流れを振り払い、突き放したいカープは直後の3回の表。

 

 

 

先頭の丸選手が初回に続いてスライダーを捉えてツーベースで出塁しチャンスメイクします。

迎えるは4番の鈴木誠也選手。

 

2ボール1ストライクのバッティングカウントから山中投手のストレートが真ん中付近にきたのを見逃しませんでした。

力強い打球は打った瞬間スタンドインの打球、上段まで飛ばし大きな追加点、再び3点リードに広げます。

 

 再びの援護を受けた大瀬良投手は3回1アウト1, 2塁のピンチをしのぐと4回は三者凡退。

リードを守って中盤まで試合を進めます。

 

しかし5回、連敗中の典型的なパターンにはまります。

先頭の山中投手への代打・榎本選手を内野フライに打ち取った大瀬良投手ですが、続く先頭坂口選手にフルカウントからフォアボールを与えると、続く藤井選手にもフルカウントからフォアボール。

いずれもハーフスイングの際どい場面でしたが、結果は連続フォアボールでランナーを貯めてしまいます。

 

迎えた3番山田選手はサードゴロに打ち取ったかと思いましたが、安部選手が際どいタイミングのセカンドへ投げると判定はセーフ、痛恨のフィルダースチョイスでアウトカウントを増やせません。

 

4番の雄平選手に高めのボール気味のストレートを力でセンターまで運ばれ犠牲フライで一点を返されると迎えるはバレンティン選手。

2ボール1ストライクのバッティングカウントから投じた4球目のカットボールは吸い込まれるように真ん中付近へ、バックスクリーン右に運ばれる逆転のスリーランホームラン。

フォアボールとミスで貯めたランナーを一掃されてしまいます。

 

何とか反撃したいカープですが6回をギルメット投手に3者連続空振り三振を奪われます。

7回もルーキ投手の前に先頭田中選手が倒れる嫌な展開でしたが菊池選手が152 km/hのストレートに振りまけずにセンター前へ運び出塁します。

丸選手がフォークで空振り三振に倒れて2アウト1塁で迎えるは4番の鈴木誠也選手。

 

フルカウントからルーキ投手が投じた低めのフォークをすくい上げると打球はカープファンが待つレフトスタンドへ一直線。

この日2本目、起死回生の逆転ツーランホームランとなります。

 

逆転した7回の裏のマウンドには6回を先頭にツーベースを浴びながらも抑えた薮田投手が回をまたいでそのまま向かいます。

しかし、先頭山田選手にフルカウントからフォアボールを与える嫌な展開。

雄平選手は外角へのシュートを引っかけさせセカンドゴロ、ランナー入れ替わりで1アウトを取るも、バレンティン選手にはストライクが入らずにフォアボールを与え労せずして同点のランナーを得点圏に進めてしまいます。

 

昨日のヒーロー、代打大松選手は追い込んでから低めのボール気味のシュートを打たせてショートゴロ、ダブルプレーはなりませんでしたが2つめのアウトを取ります。

最後は中村選手を追い込んで力勝負に行った内角ストレートで詰まらせライトへのファールフライ、危ない場面を作りながらも何とか無失点でバトンを勝ちパターンの投手達へとつなぎます。

 

8回の登板はジャクソン投手。

いつも通り安定感抜群の投球を披露してくれました。

ストライク先行のピッチングでわずか10球で三者凡退にスワローズ打線を切って取ります。

 

1点差では安心できないカープは9回の表、守護神の登板前にダメ押しを試みます。

先頭から始まる好打順でしたが田中選手、菊池選手が原投手の前に打ち取られ2アウト。

丸選手は粘ってフルカウントで迎えた7球目、高めに浮いてきたカーブを逃さずはじき返すと打球はスタンドまで届いて貴重な貴重な追加点。

2点差に広げて最後の守りにつきます。

 

今村投手は先頭代打の荒木選手を外角スライダーをひっかけさせてサードゴロに打ち取ります。

続く山田選手は1ボール2ストライクと追い込みながらも粘られフォアボール。

雄平選手をセカンドゴロに打ち取りあと一人としますがバレンティン選手にセンター前ヒットを浴びると、大松選手にはストライクが全く入らずにフォアボール。

 

2アウト満塁と一打同点のピンチを背負ってしまいます。

迎えた中村選手は初球のフォークをひっかけさせてショートゴロ、連敗脱出かと思いきや田中選手がまさかのファーストへの悪送球。

1点差に迫られ、どこまで悪い流れが続けば気が済むのか、カープファン全員がそんな悲鳴を上げたことかと思います。

 

しかし今村投手は粘り切りました。

続く大引選手を2ボールから何とかカウントを整えると最後は低めのフォークでショートゴロ。

今度こそ田中選手がさばいて試合終了。

 

カープ、悪夢のような悪い流れを断ち切れたか、久々の勝利で4連敗でストップです。

 

試合感想

今日は若き4番、鈴木誠也選手と首脳陣の我慢が呼び込んだ勝利だと思います。

しかし悪い流れを止めるのはこうも難しいのか、そんな試合展開でした。

 

原点回帰ともいうべき打順で臨んだ今日のカープ。

左右にとらわれず、久しぶりに新井選手、エルドレッド選手がスタメンにそろい踏みしました。

 

その打線は見事に機能し、初回カープは流れるような見事な先制パンチを見せました。

取られたアウトも進塁打と犠牲フライ、いずれも得点につながる意味のあるアウトでした。

菊池選手の右打ちの技術は年々向上してますよね、ランナーがいる場面では粗さがだいぶなくなってきました、素晴らしいです。

 

しかし何といっても鈴木誠也選手の2本のホームランでしょう。

初回のタイムリーツーベースと合わせて5打点。

 

チームが本当に苦しい場面で、最もプレッシャーを浴びる打順に座る男がやってくれました。

試合前まで得点圏で.231と苦しんでいますが、ぶれずに鈴木誠也選手を4番で起用し続ける首脳陣の我慢がこの結果を呼び込んだ面もあると思います。

 

我慢強く、変わらず信頼した首脳陣とそれに応えた若き4番。

鈴木誠也選手本人は「カミッテる」は実力が認められていないような気がして気に入っていないようですが、今日の活躍は嫌な流れをぶった切ってくれたのではないかと思います。

 

そして結果的には丸選手の追加点に救われました。

2アウトランナー無しである程度大きい当たりを狙っていたかと思いますが見事なホームランでした。

打撃の安定性に加えて、飛距離もついてきています。

 

悩みに悩んで、こだわりの強い打撃職人がついに理想の打撃フォームに近づいているのでしょうか。

 

 

 

 

大瀬良投手はメンタル面に課題があるのでしょうか。

打線が打てないと抑えてくれますが、リードをもらうと吐き出してしまいます。

ただ単に巡り合わせ、たまたまと言えれば良いのですが、どうも頻度からして心配になります。

 

現状は先発3番手として期待されているだけに、勝てない投手になってもらっては困ります。

チームが勝って救われたでしょうから、次回の奮起に期待しましょう。

 

6回の薮田投手の場面は思い切ってブレイシア投手でも良かったかなと思いますが、結果的には抑えてくれました。

しかし7回の回またぎは冷や冷やでしたね。

誰でも良いので7回に投げさせる投手を固定してみてもらいたいところです、現状では中田投手が適しているかと思います。

 

しかし結果として今日の中継ぎの登板は3人に抑えられました。

ジャクソン投手は相変わらずの安定感、ブルペン陣の屋台骨を支え続けてくれています。

 

今村投手は四球二つでピンチを招いたのはいただけませんでしたが、最後は良く粘り切ってくれました。

エラーの後2ボールになった時にはすさまじい呪いだと、半ば自虐的になったファンの方も多かったのではないかと思いますが最後は断ち切ってくれました。

 

今日は内容うんぬんよりも連敗を止めた、悪い流れを一度断ち切れた、その事実で良しとしたいと思います。

明日、本当の意味で流れが変わったことを実感したいところです。

 

5/11の試合展望

5/11の予告先発はカープが福井投手、スワローズが石川投手です。

 

福井投手はここまで1試合に登板、1勝0敗防御率は4.50。

2週前のジャイアンツ戦に登板して一度2軍に落とされましたが、先発陣の乱調で再び白羽の矢が立ちました。

 

前回ジャイアンツ戦は立ち上がり2回までに3点を先制されるも、何とか立ち直り結果的には6回3失点。

打線の援護を呼び込み逆転勝ちで今シーズン初勝利を飾っています。

 

しかし今シーズンは2軍でも調子が上がってきておらず、過度な期待はできません。

前回同様、6回3失点で試合を作ってくれれば御の字くらいの気持ちで応援したいと思います。

 

 

 

援護したい打線の相手は石川投手。 

ここまで6試合に登板、2勝3敗 防御率は5.88。

ここ2試合続けて5回持たずに7失点の試合を続けており、本人としても相当の覚悟を持って明日のマウンドに上がるものと思われます。

 

カープとはすでに2度対戦しており、初戦が6回3失点でカープが黒星をつけていますが、2度目の前回は7回1失点と今シーズン最高の投球を見せつけられました。

今回はどちらに転がるか、前回は持ち味を発揮され抑え込まれましたが、今の打線の調子、石川投手の調子であれば福井投手に白星をつけるチャンスは十分にありそうです。

 

勝ちパターンの投手が連投しているカープは何とか大量リードで中継ぎ投手を温存したいところ。

しかしそんなに上手くはいかないでしょう。

 

今日で悪い流れは断ち切った、そんな明日にしたいカープです。

明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング