僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/9のカープ ヤクルト戦 投手陣の意地を見るも力尽く

5/9のカープ、スワローズ戦は2-3でカープが敗れました。

戦前の予想通りの投手戦。8回に少ないチャンスを生かして同点に持ち込んだカープ。中継ぎ投手陣も粘りましたが最後は大松選手の一振りに沈みました。サヨナラ負けで連敗ストップならず。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
広島 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 5 2
ヤクルト 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1X 3 6 0

 

投手情報 

勝利投手 近藤 (1勝0敗0S)

敗戦投手 中田 (2勝1敗0S)

セーブ  なし

広島 野村、ジャクソン、今村、一岡、薮田、中田 - 石原、會澤

ヤクルト  ブキャナン、ルーキ、秋吉、石山、近藤 - 中村

本塁打    エルドレッド7号(2回表ソロ)、大松1号(12回裏ソロ)
 

 

試合概要

今日は試合前の期待通りに野村投手、ブキャナン投手の投手戦となりました。

 

初回、両投手ともにストライク先行のピッチング、危なげなく三者凡退で立ち上がります。

  

2回の表のカープは鈴木誠也選手、安部選手が連続三振に倒れて迎えたエルドレッド選手。

追い込まれた後、高めのつり球のストレートを見逃して2ボール2ストライクからブキャナン投手が勝負に来た外の変化球を捕らえると打球はセンター方向へ。

スタンドにぎりぎり届く貴重な先制のソロホームランとなり、カープが1点を先取します。

 

野村投手は2回裏、先頭の雄平選手にライトへのツーベースを浴びノーアウトランナー2塁のピンチを背負いますが、バレンティン選手を3ボールからカットボール、シュートで見逃しのストライクを奪うと最後は低めのチェンジアップで空振り三振、多彩な変化球を見せつけます。

続く鵜久森選手、中村選手相手にも低めに変化球を集め、内野ゴロ2つでピンチを脱します。

 

4回表まで両チーム得点圏にランナーを進めることができずに迎えた4回の裏。

好投の野村投手が先頭の大引選手に低めのカーブをセンターへはじき返されるツーベースを打たれ、クリーンアップを迎える前に嫌な形でランナーを背負います。

続く山田選手はフルカウントから低めのチェンジアップをセンター前へ、丸選手のホーム返球が逸れ同点を許すと、その間に山田選手にもセカンドまで進まれます。

 

ここで迎えた最近好調の雄平選手には追い込みながらも高めに外したストレートを強引にライトへはじき返される逆転タイムリーツーベースヒット。

雄平選手の前の試合からの4打席連続ツーベースで1-2と試合をひっくり返されます。

 

なおもノーアウト2塁と続くピンチで、バレンティン選手をカーブで浅いライトフライ、鵜久森選手にはフルカウントから低めの変化球を見逃され四球、中村雄平選手をチェンジアップで内野フライに打ち取り2アウト1, 2塁。

迎えた8番、谷内選手に2ストライクから粘られて迎えた8球目、外角のボール気味のストレートをライト前へ上手くはじき返されます。

 

ここで次がブキャナン投手の打席ということもあって思い切ってホームへ突っ込んだ2塁走者の雄平選手を鈴木誠也選手がレーザービームで見事にタッチアウトに仕留め、カープ、2点差に離される窮地を脱します。

 

 

 

何とか追いつきたいカープですが5回、6回とブキャナン投手の前に連続で3者凡退。

7回も2アウトからエルドレッド選手がヒットで塁に出ますが後続が倒れ無得点。

反撃に転ずることができません。

 

一方の野村投手も昨季最多勝投手の意地を見せ、負けじと5回から7回まで復帰した菊池選手の守備にも助けられながら連続で三者凡退に抑え、追加点を許さず試合の流れも渡しません。

 

野村投手の好投に報いたいカープ打線は8回の表、ようやくチャンスを掴みます。

先頭石原選手に代打・ペーニャ選手を送ると、ブキャナン投手の制球が乱れストレートのフォアボールでチャンスをもらいます。

 

続く代打・天谷選手がきっちり送りバントで役割を果たすと、先頭に返って田中選手は低めのチェンジアップに空振りの三振。

2アウト2塁で今日復帰の菊池選手、2球で追い込まれながらもブキャナン投手に変化球に食らいついて1ボール2ストライクから迎えた6球目、 甘く入ってきたチェンジアップをレフトへはじき返す起死回生の同点タイムリーツーベースヒット。

 

この回代打を送られた野村投手の力投に報い、白星こそつけられなかったものの、黒星は消すことに成功します。

さらに続く丸選手にライト前ヒットが出ますが前進守備にはばまれ、菊池選手は3塁でストップ。

 

ここでスワローズはルーキ投手にスイッチ。

4番鈴木誠也選手と相対します。

 

力と力の勝負となった打席はフルカウントからルーキ投手が3球連続でストレート勝負。

2球はファウルで粘った鈴木誠也選手ですが、最後は変化球が頭をよぎったか、空振り三振に打ち取られて逆転までには至りません。

 

継投勝負となった試合はカープが8回ジャクソン投手、9回今村投手で0に抑えるとスワローズも9回を秋吉投手が0に抑えて試合は延長戦に入ります。

 

10回の表のカープは石山投手の前に3人で仕留められて無得点。

10回の裏、マウンドに一岡投手を送り出します。

 

同点の延長戦、中田投手、薮田投手より先に起用された期待に応えたい一岡投手は先頭の代打・榎本選手を空振り三振に斬って取ると、続く西浦選手を初球ライトフライに打ち取り簡単に2アウトを奪います。

しかし1番の坂口選手相手に急にストライクが入らなくなりストレートのフォアボール。

 

カープファンの脳裏に嫌な予感が漂います。

続く大引選手を3球で追い込みながらも粘りに粘られフルカウントで迎えた10球目、根負けしなかった一岡投手が最後はフォークで空振り三振を奪い、ピンチを広げませんでした。

 

何とか勝ち越したいカープは11回、菊池選手から始まる期待できる打順でしたが近藤投手の前に連続三振を含む3者凡退。

同点に追いついた8回以降、ランナーを出すことすらできません。

 

11回の裏、マウンドには最近失点を重ねている薮田投手。

先頭の山田選手に再びフォアボールを与えてノーアウトランナー一塁。

しかしここから意地を見せました。

 

好調雄平選手を2ボール2ストライクからストレート勝負で空振りの三振に斬って取ると上田選手を内野ゴロに打ち取る中、スタートしていた山田選手には2塁に進まれ2アウトランナー2塁。

迎えた武内選手にはフルカウントから何とも煮え切らない打撃妨害で出塁を許しますが、続く中村選手を初球外角カットボールでショートゴロに打ち取り無失点。

勝利の可能性をつなぎます。

 

12回のカープは回をまたいだ近藤投手相手に先頭安部選手がフォアボールで出塁し、チャンスを得ます。

しかし後続がランナーを進めることすらできずに無得点。

 

最後は中田投手。

先頭、代打・大松選手の4球目でした。

2ボール1ストライクのヒッティングカウントから投じた内角スライダーを一閃されると打球は無情にもスタンドイン。

 

 カープ、サヨナラ負けを喫し、4連敗です。

 

試合感想

 

野村投手の期待に応え続ける好投には頭が下がります。

これで3試合連続で7回以上を投げて2失点以下のHQSを達成。

苦しい台所事情の中で6連戦の初戦を任され続けてのこの成績です。

 

素晴らしいとしか言いようがありません。

カープの屋台骨は野村投手の右腕が支えてくれています、もうエースと呼んで差し支えないでしょう。

  

今日は鈴木誠也選手のレーザービームや復帰した菊池選手の好守に助けられた面もありますが、逆転されたあとの5-7回を三人ずつでテンポよく片づけてくれたことが8回の同点劇につながったことは疑いようもありません。

 

中継ぎ投手陣も良く投げてくれました。

ジャクソン投手は相変わらずきっちり無失点に抑えてくれる安心感がありますし、同点打とひやひやする今村投手も先頭山田選手にストレートのフォアボールと嫌な雰囲気プンプンでしたが後続を抑えてくれました。

 

しかし會澤選手のワンバウンドを止める技術は不安ですよね。

一昨年頃までの下手すぎた時に比べると格段の進歩を見せていますが、まだまだ石原選手には遠く及びません。

何とか事なきをを得ましたがサヨナラのランナーを得点圏に進める痛恨のワイルドピッチ、止められそうな投球に見えただけに目立ってしまいました。

 

リード面の成長はみられますし、年々正捕手の座に近づいてきていますが、守備面での課題は尽きないといったところでしょうか。

今後の更なる成長に期待しましょう。

 

一岡投手が中田投手、薮田投手より先に起用されたのには少し驚きました。

 

 

 

ジャクソン投手、今村投手以外で現状最も信頼できる中田投手を勝ち越した際に残しておく意図だったでしょうか。

 

一岡投手の最後の大引選手相手の投球内容は見事でした。

フォアボールを出した後のバッターで、粘られても根負けせずにフォアボールを続けませんでした。

本調子でない中、意地を見せてくれましたね。 

 

薮田投手も先頭をフォアボールで出した時にはどうなることかと思いましたが、久々に無失点ピッチングを見せてくれました。

しびれる場面で打撃妨害での出塁を許すなど、難しい場面もありましたが踏ん張ってくれました。

 

最後は中田投手が一振りに沈みましたが、阪神戦の不甲斐なさをやり返そうとするブルペン陣の気概を感じられたことは収穫でしょうか。

 

野手陣では菊池選手が先発に復帰しました。

やはり菊池選手がいることで内野の守備への安心感が格段に違います、やはり史上最強を狙えるタナキクの二遊間の守備は安心感が違います。

 

打線はブキャナン投手に苦しみました。

テンポよく投げられ、なかなかチャンスも作れずに完投ペースかというところでしたが、8回、一瞬の制球の乱れの隙を見逃さずに、もらったチャンスを生かして同点においついた場面はさすがでした。

 

惜しむらくはあそこで一気にひっくり返せなかったことでしょうか。 

鈴木誠也選手は得点圏の試練にいまだに苦しんでいます。

4番の生みの苦しみという面もあるでしょう。

 

野手が打てば投手が打たれ、投手が抑えれば野手が沈黙する。

典型的な悪い流れにはまってしまっていますが、投手陣の意地を垣間見えたことだけは明るい材料です。

 

しかし今は内容はどうあれ1つ勝ちが欲しいのもまた事実です。

明日以降の逆襲に期待したいと思います。

 

5/10の試合展望

5/10の予告先発はカープが大瀬良投手、スワローズが山中投手です。

 

カープが開幕以来守ってきた中6日を初めて崩し、中5日で大瀬良投手を2戦目に起用します。

開幕以来、成績を残した投手を優先に起用する方針とのことで岡田投手、九里投手もそれぞれ中5日の登板でジャイアンツとの初戦、2戦目の先発が予想されています。

スワローズ3戦目に福井投手、ジャイアンツ3戦目には10日空いて再昇格が可能となる中村祐太投手を起用する方針のようです。

 

先週の嫌な流れを断ち切るために首脳陣が動いてきました。

 

期待に応えたい大瀬良投手はここまで5試合に登板、1勝0敗防御率は3.06。

前回登板のドラゴンズ戦では中盤に崩れて6回途中6失点。

打線の援護に恵まれて黒星こそつきませんでしたが、フォアボールでためたランナーをホームランで一掃されるなど、悪い癖が出た内容でした。

 

毎年選手は入れ替わるのであまりアテにはなりませんがヤクルトとは入団以来計14試合で5勝0敗。

相性は良さそうです。

 

本人談通りに大胆に攻めるところは攻めつつ、大事にいくところは丁寧に、というすみ分けができるか。

若い先発ローテーションの中では実績のある大瀬良投手の修正能力に期待がかかります。

 

対する相手は山中投手です。

 

ここまで5試合に登板、0勝3敗ながら防御率は2.73。

打線との巡り合わせが悪く、勝ち星こそついていませんが、いずれの試合も最低でも6回まで投げ切っており、安定感のある投球を続けており、手ごわい相手と言えるでしょう。

 

右のアンダースローだけにやはり左打者が攻略のカギを握りそうです。

球威はないですが制球が良く、それほど四球での出塁は期待できませんが塁に出たら足も絡めてプレッシャーをかけていきたいところです。

 

とにかく内容はどうあれ勝ち星の欲しいカープ。

大瀬良投手の粘り強いピッチングと野手陣の足を絡めた攻撃に期待しましょう。

明日も頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング