読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/7のカープ 阪神戦 悪い流れは払拭できず ファンも含めて気分一新が必要

5/7のカープ、タイガース戦は0-6でカープが敗れました。

打線が粘投の九里を援護できず、連日の逆転負けの悪い流れを変えられず、阪神戦3連敗です。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
阪神 0 0 0 2 0 3 0 1 X 6 7 0

 

投手情報 

勝利投手  能見 (1勝2敗0S)

敗戦投手 九里 (2勝3敗0S)

セーブ  なし

広島  九里、オスカル、高橋樹 - 會澤

阪神 能見、桑原、岩崎、藤川 - 梅野

本塁打   なし

 

試合概要

九里投手と能見投手の先発で試合が始まりました。

 

初回、カープは能見投手の立ち上がりを攻め、田中選手がヒットで出塁すると盗塁を決め0アウトランナー2塁のチャンスを作ります。

 

フルカウントから今日、レフトで先発起用された堂林選手が空振り三振に倒れるも続く丸選手がフォアボールを選ぶと4番の鈴木誠也選手もフォアボール。

立ち上がり、1アウト満塁とチャンスを広げ、5番に入った新井選手。

 

2-2からの5球目、ワンバウンドするフォークに空振り三振。

続く6番サードで初のスタメン出場となるペーニャ選手もワンバウンドするフォークに空振り三振。

 

昨日までの悪い流れをとりあえず断ち切るために何としても欲しかった先制点の絶好機を逸します。

 

九里投手は過去2試合の不本意な投球を払拭するかのように、この日は立ち上がりから外角中心の勝負で相手の裏をかき、3回まで許した走者はフォアボールでの1人だけ。

先制点を簡単には許さず、自身の悪い流れ、チームの昨日の悪い流れを投げる方で断ち切ろうと奮闘します。

 

 

援護したい打線ですが2回、3回は三者凡退、4回は先頭鈴木誠也選手が内野安打で出塁かと思いましたがちぐはぐな走塁死でアウトになると2アウトからペーニャ選手にツーベースヒットが出ますが、好調安部選手がセンターフライに倒れ、先制点を取ることができません。

 

迎えた4回の裏の九里投手。

先頭北条選手にフルカウントからフォアボールを与えると続く糸井選手には2-2からの勝負したストレートが甘く入ったところをライトへ運ばれ0アウト1,2塁。

4番、福留選手はフルカウントから低めのチェンジアップを引っかけさせてセカンドゴロに打ち取りますがスタートを切っていたランナーにそれぞれ進塁を許し1アウト2, 3塁。

 

中谷選手を内角のチェンジアップで見事に空振り三振に打ち取りますが、鳥谷選手に追い込んでから粘られて2-2で迎えた7球目、勝負に行ったチェンジアップが甘く入ったところをライトへきれいにはじき返され2点の先制を許します。

 

反撃したいカープは5回1アウト1, 2塁、6回0アウト1, 2塁のチャンスを作りますが進塁打すら放つことができず無得点が続きます。

 

何とか粘りたい九里投手でしたが6回、先頭北条選手のヒットから続く糸井選手にストレートのフォアボールを許して0アウト1, 2塁。

福留選手に2ボールからチェンジアップをライトへ打ち返されると痛いタイムリーツーベース。

さらに再び鳥谷選手に初球のシュートをセンターへ痛恨の2点タイムリーヒットを打たれ0-5、試合の大勢が決まってしまいます。

 

カープは7回以降、単打が2本出ただけで攻撃終了。

8回には高橋樹也投手が2イニング目にヒット2本とフォアボールでノーアウト満塁のピンチから犠牲フライで1点を失いプロ初失点を記録し、試合は0-6でカープが敗れました。

 

打撃陣は初回の逸機、先制された後の中盤の逸機で得点を取れず、昨日までの悪い流れを変えることができず3連敗です。

 

試合感想

今日は九里投手が結果的には5失点しましたが気持ちを見せてくれたと思います。

序盤、自身の好調を支えた内角へのピッチングにこだわらずに外角中心に投球し、無失点で抑えていきました。

何とかしようという工夫を見ることができましたし、実際にこれまでのKO劇とは少し印象が違うピッチングを見せてくれました。

 

惜しむらくは先制を許した場面、2アウトまでこぎつけた後の鳥谷選手の打席です。

粘られて嫌な感じでしたが2-2とまだカウントに余裕があり、1塁も空いていた場面。

次は鳥谷選手に比べれば打力が一段も二段も劣る糸原選手だっただけに、勝負に行ったチェンジアップが少し甘くなったことが悔やまれます。

 

高橋樹也投手が今日、2イニングを投げたことで水曜日の先発の可能性は少し低くなりましたかね。

 

打撃陣は今日は西川選手を外して安部選手をセカンドに回し、ペーニャ選手を初スタメン起用しました。

個人的にはこの采配には賛成です。

 

昨日、一昨日と直接ではなくとも間接的に敗因とも言えるエラーを連日犯した西川選手を打撃好調とはいえスタメンから外すのは違和感ありません。

また、本人にとっても良い気分転換になるのではないでしょうか。

次にスタメン起用されることがあるとすればセカンドではなくサードでの起用になると思います。

それまで代打で一振りに磨きをかけつつ、試合前の練習ではみっちり、高い意識をもって守備練習に打ち込んでもらいたいところです。

 

堂林選手はスタメンのチャンスを生かせませんでした。

器用さにはもともと欠ける選手ですが、それが今日は2番で起用されただけに目立ってしまいましたね。

本人もつなぎをどこかで意識して、それが結果的に3つの空振り三振につながったようにも思えます。

 

こんなところでも普段の菊池選手のすごさが目立つ結果となりました。

早い復帰を期待したいですね。

 

さて、チームは今、序盤の山場と言って良い状況にいると思います。

この雰囲気がいやらしい連敗は、伸びる前に断ち切らないといけません。

今日断ち切れれば最高だったのですが、それはかないませんでした。

一試合でも早くまず1勝を、そのためにもまずは先制点を追い求める、来週の始めはそんな試合になりそうです。

 

少し視界を広げれば今週は3勝3敗の五分です。

確かに印象は悪い(最悪に近い)ですが、悲観するような成績ではないですよね。

明日の休養日に首脳陣、選手、関係者、そしてファンそれぞれが気分一新して、また新たな週の戦いを見せてくれることを期待しましょう。

 

カープ次週の試合予定

来週カープは火曜日から神宮でのヤクルト3連戦のあと、本拠地マツダスタジアムに移動しての巨人3連戦です。

 

開幕以来6連戦が立て続けに組まれ、雨天中止が1試合もないカープ。

主力選手の負傷での離脱が目立つ中、かなり厳しい日程が続きます。

 

対ヤクルトはここまで4勝2敗ですが、前回の敵地3連戦では1勝2敗と負け越しています。

現状、ホームのマツダスタジアムの大声援を受けて戦えないのは苦しいところですが、前回と違うのは打線の状態が上がってきていることです。

まずは初戦の火曜日、ほぼ先発が間違いないであろう野村投手に連敗を止めてもらいましょう。

 

対ジャイアンツはここまで5勝1敗、前回のマツダでの3連戦では2勝1敗と勝ち越しました。

対戦成績は大きく勝ち越していますが終盤までもつれる展開の試合が続いています。

今回もそうなることでしょう。

今週の反省を生かして、スワローズ3連戦で中継ぎ投手陣への負荷をいかに軽減できるか、ジャイアンツ3連戦の一つのポイントになりそうですね。

  

スワローズとの初戦の試合展望は明日、予告先発が発表されてから書きたいと思います。

明日の休養日で気分一新して、また新たな週の戦いを見せてくれることを期待しましょう。

来週も一戦一戦頑張ろう、カープ!

 

 このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング