僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/3のカープ 中日戦 野手が若手投手を育てる 中村祐太初勝利

5/3のカープ、中日戦は7-4でカープが勝ちました。

中村祐太投手が初回、2回と点を取られる中でも何とか粘り投げる中、野手陣がプロ初登板の若武者を強力に援護、昨日に引き続き相手のミスをきっかけに試合をひっくり返したカープが連勝を飾りました!

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中日 1 1 0 0 1 0 0 0 1 4 7 2
広島 0 0 0 2 2 2 1 0 X 7 12 0

 

投手情報 

勝利投手  中村祐 (1勝0敗0S)

敗戦投手 吉見 (0勝4敗0S)

セーブ  なし

中日  吉見、岩瀬、祖父江、佐藤 - 松井雅、杉山

広島  中村祐、中田、一岡、ジャクソン、今村 - 會澤

本塁打    新井5号(4回裏2ラン)。京田1号(5回表ソロ)、會澤1号(6回裏2ラン)、ゲレーロ3号(9回表ソロ)

 

試合概要

今日はプロ初登板の中村祐太投手と吉見投手の先発です。

 

初回、中村祐太投手の初球スライダーを打撃好調の京田選手がいきなりレフトへはじき返すツーベースヒット、荒木選手が送りいきなり1アウト3塁のピンチを迎えます。

続く大島選手、制球がまだ定まらない中村祐太投手が四球を与えてしまいます。

 

4番の平田選手は2-2からの5球目、ボール気味のスライダーを打たせますがショートゴロの間に3塁走者が帰り、1点を先制されます。

 

続く2回も先頭・藤井選手にヒットを許し、1アウト後に盗塁を決められ2塁に進まれると、フルカウントから松井選手にストレートをライトへ運ばれタイムリーヒット、2点目を失います。

 

このままズルズルいきそうなところでしたが、続く3回を2番からの打順で3人で斬って取り、初めて0に抑えると、続く4回もゲレーロ選手に2アウトからフェンス直撃のツーベースを浴びながらも何とか0に抑えます。

 

崩れそうで粘るプロ初登板の若武者を援護したい打線ですが3回まで吉見選手の前に0に抑えられます。

しかし抑えられながらも球数を投げさせて迎えた4回。

先頭丸選手が初球スライダーをセンターへはじき返し塁に出るも続く鈴木誠也選手は外野フライで1アウト。

 

打席には状態が上がってきてこの日1つ打順を上げて5番に入った新井選手。

2ボール2ストライクからの5球目、内角高めのシュートを引っ張ると打球はフェンスをギリギリで越える同点アーチ。

ベテランの一振りで強力に若武者を援護します。

 

同点に追いついてもらった中村祐太投手ですが直後の5回、再び1番京田選手を先頭で迎えます。

試合途中から有効に使っていたカーブを2球続けたところを捕まりました。

振り抜かれた打球はライトスタンドぎりぎりに届くプロ初ホームランで勝ち越しを許してしまいます。

 

しかし今のカープはこのままでは終わりません。

 

 

5回の裏のカープの攻撃です。

先頭會澤選手のサードゴロをゲレーロ選手がはじくエラーの間に一気に2塁を陥れノーアウトランナー2塁のチャンスを掴むと、中村祐太投手の代打天谷選手は送りバント。

打球はピッチャー正面に強めに転がってしまい3塁タッチアウトかと思われましたが、再びゲレーロ選手がまさかの捕球ミス、その間に會澤選手がホームに帰り、カープは労せずして同点に追いつきます。

 

さらにノーアウト2塁のチャンス。

こうなると一気に逆転して中村祐太投手に勝ちをつけたいカープは続く田中選手が動揺する吉見投手から四球を選ぶと、菊池選手がきっちり送りバントを決めて1アウト2, 3塁。

 

迎えるは3番丸選手。

1ボールからの2球目低めのシュートを捕らえるとセンターへのタイムリーヒット。

きっちりと役割を果たし、カープが逆転に成功します。

さらに突き放したいカープでしたが鈴木誠也選手が空振り三振、新井選手がショートゴロに倒れ、追加点は奪えません。

 

6回から継投のカープは中田投手がきっちり3人で抑え、がっちり流れをつかんで離しません。

その裏の攻撃。

 

先頭の好調安部選手がセンター前ヒットで出塁しますがエルドレッド選手はセンターフライ、ランナーを進めることができません。

しかし會澤選手の初球で安部選手が盗塁を決めてカバー。

得点圏で打席の會澤選手は2ボール1ストライクからの4球目高めに浮いたストレートを振り抜くと打球はぐんぐん伸びてレフトスタンドへ。

 

今シーズン第一号は貴重な貴重な追加点。

カープがリードを3点に広げます。

 

7回のマウンドは薮田投手化と思いましたがベンチは思い切って一岡投手を起用。

先頭松井選手に粘られた後7球目のストレートをレフトへ運ばれノーアウトのランナーを許します。

 

続く井領選手の当たりでビッグプレーが飛び出しました。

2ボールからの3球目をフォークを引っ張られ、ライトへ抜けるかというあたりを菊池選手が滑り込んで止め、そのまま1塁をアウトに。

相手に流れを渡しません。

 

助けてもらった一岡投手は続く好調の京田選手からフォークで空振り三振を奪うと荒木選手もボールが先行しながらもサードゴロに打ち取り0点でつなぎます。

 

7回の裏、カープの攻撃は1アウトから新井選手が3本目のヒットを放つと代走に野間選手を起用します。

続く安部選手の打席でベンチが1ストライクからエンドランを仕掛けます。

期待に応えて安部選手が転がすと打球はライトへ、1, 3塁の形を作るとエルドレッド選手が追い込まれながらも外角のスライダーをセンターへ運んでダメ押し点。

 

8回をジャクソン投手が3人で抑えると最後は今村投手がゲレーロ選手に高めのストレートをレフトスタンドに運ばれ1点を失いながらも後続を抑えゲームセット。

  

カープ、プロ初登板の中村祐太投手に初勝利を野手陣がプレゼントし5月連勝スタートです。

 

試合感想

相変わらず打線が好調です。

安部選手の絶好調に加えて丸選手、新井選手に当たりが戻ってきているのが大きいです。

状態が悪く打線がここできれる、という選手が少なくなってきました。

打線状態は完全に底を抜けて好調と言って良いかもしれません。

 

大きかったのは新井選手のホームランでしょうか。

ズルズル抑えられそうな場面で内角高めの難しいシュートをうまく振り抜き、ぎりぎりでしたがスタンドまで運びました。

 

5回の同点劇はもらいものでしたが、気落ちしたところを逃がさず逆転するあたりは昨日に引き続きさすがでした。

粘投した中村祐太投手へのご褒美の白星までプレゼントできました。

 

6回の會澤選手のホームラン、試合展開的にも苦しんでいたであろう本人にとっても大きな一発でしたね。

今シーズンリード面で劇的な改善がみられるだけに、打撃にまだ集中するだけの余裕がないのだと思います。

それでもここぞの場面で打点を稼ぎ始めており、一時期より状態も上がってきているように思います。

このまま打撃も元の力を発揮してもらえればと思います。

 

あとはペーニャ選手です。

昨日に引き続き今日もヒットを放ちました。

昨日は情報を追い切れていませんでしたが、松山選手が背中の痛みで登録を抹消されていました。

 

ということは新井選手、エルドレッド選手の休養時に出番が回ってきそうです。

代わりに出る選手が結果を残せるかどうかはチームの得点力を維持できるかどうかに直結してきます。

大いに期待しましょう。

 

投げては中村祐太投手です。

立ち上がりに初球をたたかれあっという間に1点を失った時、2回も踏ん張れず連続して失点した時、この時点では今日の試合は正直負けを覚悟しました。

 

それでも會澤選手がうまくリードしてくれたと思います。

緩いカーブを有効に使い、打者の目先を変えながら、ボールが先行することが多くとも何とか四球の余計なランナーを出すことは最小限に抑えました。

良く立ち直って5回まで投げ切ったと思います。

 

追いついた直後に一発を浴びたのは試合展開としていただけませんが、5回5安打2四球3失点、個人的にはもう一度見てみたくなるピッチングでした。

来週出番があるかはまだ分かりませんが今後が楽しみになる投球を見せてくれたと思います。

プロ初勝利は今回はオマケでついてきた感じですが2勝目は自分の力で掴んでもらいたいですね。

 

今日の継投は首脳陣が思い切ったと思います。

 

 

これまでであれば7回は薮田投手を起用していたと思います。

登板ペースと最近の調子を見ての一岡投手起用だったでしょうか。

一岡投手も抑えてはいますが内容はあまりよくないだけに、勇気のいる決断だったと思います。

 

今日も菊池選手の守備がなければ危なかったかもしれません。

一岡投手の良い時を知っているだけに、何とか抑えているうちに調子をあげてもらいたいですね。

 

ジャクソン投手、今村投手が連投になっただけに、明日の登板は避けたいところですがどうなるでしょうか。

理想は中盤までの大量リードですが、明日の先発を見ると難しいかもしれませんね。

 

5/4の試合展望

5/4の試合の予告先発はカープが大瀬良投手、ドラゴンズが又吉投手です。

 

大瀬良投手はここまで4試合に登板、1勝0敗防御率は1.67。

勝手に野村投手、岡田投手に次ぐ3本目の柱になりかけている状況だと思っています。

前回ジャイアンツ戦でピンチを耐え凌ぎ7回無失点、1-0の勝利で2年ぶりの先発勝利を挙げたのは記憶に新しいところです。

あの日は本当に嬉しかったのをよく覚えています。

 

しかし前回は前回、今回は今回です。

3タテして再びの上昇気流に乗れるかどうかがかかっています。

前回ほど上手くいかないにしても、試合を作って6回、できれば7回まで投げ切ってもらえるよう期待しましょう。

好調の京田選手、大島選手の左打者に注意です。

 

対するは又吉投手です。

今シーズン中継ぎのロングリリーフでしっかり結果を残し先発に転向。

先発3試合で全て7回以上を2失点以下に抑えています。

シーズン通算でも6試合、2勝0敗防御率0.88。

ドラゴンズで今最も安定している投手です。

 

カープも4/5のドラゴンズ2回戦、カープキラー八木投手降板後に4 1/3回を無得点に抑えられています。

右打者にはめっぽう強く、被打率.123と驚異の成績を残しています。

 

こうなると鍵は左打者、特に絶好調の安部選手。

勝手に明日は5番まであるかもしれないと思っています。

ペーニャ選手の起用もあるかもしれませんね。

 

明日は1点が重い展開になりそうな気がします。

ここ2戦、ミスが勝敗を分けているだけに明日お返しをしないように気を付けないといけませんね。

 

明日も頑張ろう!カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング