読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

5/2のカープ 中日戦 集中打は健在 逆転劇で5月好発進

5/2のカープ、中日戦は5-2でカープが勝ちました。

野村投手が先制を許し、打線も鈴木投手を捕らえきれない苦しい展開の中、相手のミスにもつけこんだ一気の5連打で試合をひっくり返し、大事な6連戦初戦を取りました!

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中日 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 9 1
広島 0 0 0 0 5 0 0 0 X 5 8 0

 

投手情報 

勝利投手  野村 (2勝1敗0S)

敗戦投手 鈴木 (0勝1敗0S)

セーブ  今村 (0勝1敗5S)

中日  鈴木、佐藤、伊藤、岡田 - 松井雅

広島  野村、ジャクソン、今村 - 石原

本塁打   なし

 

試合概要

今日は野村投手と鈴木投手が先発、カープとしては落とせない一戦です。

 

初回、野村投手は大島選手に粘られますが内野ゴロ3つで抑え、安定した立ち上がりを見せます。

一方鈴木投手は対照的に制球に苦しみます。

菊池選手、鈴木誠也選手がフォアボールで歩き2アウト1, 2塁のチャンスを作ります。

しかしここはエルドレッド選手が高めのフォークに空振りの三振、カープは先制機を逸します。

 

野村投手は序盤3回は完璧な投球を見せます。

田中選手のファインプレーもありましたが、一人のランナーを背負うこともなく、3回には三者連続の見逃し三振を奪いました。

 

好投の野村投手を援護したい打線ですがこちらも鈴木投手の適度に荒れる球をとらえきれません。

四球で毎回ランナーは出しますがヒットが出ずに序盤3回まで両チーム無得点。

 

少しずつ何となくですが嫌な雰囲気が漂い始めたところで4回の表、ドラゴンズの攻撃。

1アウトからベテランの荒木選手にレフト前にヒットを許すと、大島選手に初回に続いて粘られた末に外のボール気味のシュートを上手く合わせられレフトへのツーベースを許し1アウト2, 3塁のピンチを迎えます。

 

ここで四番・平田選手は内角のシュートで内野ゴロに打ち取りますが3塁ランナーの生還を許して1点を先制されます。

続くビシエド選手に3ボールと嫌な展開でしたが何とかセンターフライに打ち取り最少失点でこの回を終えます。

 

野村投手を援護した打線ですが、2回、4回とチャンスで野村投手に打席が回る巡り合わせもあり、鈴木投手をとらえることができません。

 

5回の表、先頭への四球をヒットでつながれ、野村投手が1アウト2, 3塁のピンチを招きますがここを鈴木選手の三振とセカンドゴロでしのいだことで試合の流れがカープに巡ってきます。

 

 

 

5回の裏のカープの攻撃です。

先頭田中選手がフォアボールを選んで塁に出ると菊池選手が初球に送りバントを決めて1アウト2塁の同点の形を作ります。

3番丸選手は4球目外角のスライダーをひっかけてセカンドゴロ、2アウト3塁。

 

ここですっかり4番が板についてきた鈴木誠也選手が2ボール2ストライクで迎えた5球目、低めのストレートをセンター前へ運ぶタイムリーヒット。

カープが同点に追いつきます。

 

一気に畳みかけたいカープでしたが、エルドレッド選手の初球、低めのスライダーを打ち上げると打球はファーストファールゾーンへ。

ビシエド選手が捕球して同点で後半戦かと思いましたが、まさかの落球。

命拾いしたカープはエルドレッド選手が3球目内角ボール気味のストレートを強引にレフト前にポトリと落とし、2アウトから1, 3塁とチャンスを広げます。

 

迎えるは6番の新井選手。

2ボール1ストライクから外角のスライダーをきれいにセンターへはじき返すお手本のようなバッティングでカープが相手のミスにつけ込み勝ち越し点を奪います。

ドラゴンズベンチは鈴木投手の精神面、それと今日の安部選手との対戦内容(四球とレフトへのヒット)を考慮してかここで2年目の佐藤優投手へのスイッチを決断します。

 

2アウト1, 2塁で安部選手。

カープとしてはもらったチャンスをいかしてさらに突き放したい場面でやってくれました。

初球カーブを見逃したあとの2球目のストレートを振り抜くと打球はセンターへのタイムリースリーベースヒット。

2点を追加して4-1とリードを広げます。

 

さらに続く石原選手も真ん中付近のスライダーをレフトフェンスまで運ぶタイムリーツーベース、怒涛の集中打で一気に試合をひっくり返すだけでなく大量リードを奪います。

 

あとは野村投手がリードを守る展開。

6回を簡単に3人で退けますが、7回。

先頭ビシエド選手にヒットを許した後、ゲレーロ選手を外角カーブで注文通りのゲッツーに斬って取り安心したところで京田選手にセンターへのツーベースを浴びます。

続く松井選手にストライクが入らず3ボール1ストライクとなったあと、高めのスライダーをセンターへ運ばれ1点を返され5-2、ゲームは3点差となりますが代打藤井選手を外野フライに打ち取り、野村投手はこの回まで。

7回2失点で中継ぎ陣に後を託します。

 

 8回ジャクソン投手が2アウトから大島選手にこの日2本目のツーベースを許しますが平田選手をフルカウントからスライダーでセカンドフライに打ち取り無失点に抑えます。

 

9回の今村投手はビシエド選手、京田選手にヒットを許し1アウト1, 2塁のピンチを招きますが後続を続けてセンターフライに打ち取りゲームセット。

 

カープ、6連戦初戦の野村投手登板試合を勝ち切り、幸先良い5月のスタートとなりました。

 

試合感想

5回の集中打は見事でした。

鈴木投手にプロ初勝利がちらつく回に1番からの攻撃。

4回までとらえられそうで捕らえられず、チャンスに野村投手に打席が回る嫌な巡り合わせでしたが、その反面次の回が1番からになる利点をきっちり生かしました。

 

田中選手が3度目の正直で先頭として四球を選び塁に出ると、菊池選手、丸選手はアウトになりながらもきっちりと走者を進めます。

4番の鈴木誠也選手、この日は接戦の場面で大きな仕事を果たしました。

 

その後の相手のミスにつけこむ集中打は見事としかいいようがありません。

球場のファンが作る雰囲気も確実に寄与していると思います。

不振に苦しんでいた新井選手に勝ち越しタイムリーが飛び出したのも大きかったですが、大きかったのが安部選手がたたき出した追加点ですね。

 

投手が代わって抑えられると僅差で後半戦というだけでなく雰囲気まで変えられる可能性がありました。

3点差に開いたことで野村投手もかなり楽になったと思います。

 

それにしても試合で8安打のうち5安打をこの回にツーアウトから連続して放ちました、それもビシエド選手のエラー後に4連打です。

相手のミスにつけこんで一気に攻勢をかける、昨年の経験値がしっかりと蓄積されチームの強みになっていることが感じられます。

 

攻撃面であと触れることと言えば、ペーニャ選手の昇格、即ヒットでしょうか。

小窪選手が乗り切れないこと、ジョンソン投手、ヘーゲンズ投手の離脱・不調が外国人選手枠が余っていたことが重なって、左投手先発時のサードでの起用が目的の昇格でしょう。

チームの起爆剤になるような活躍を期待しましょう!

 

他の回に追加点が取れなかったのは少し気にはなりますが、それは贅沢なのかもしれませんね。

 

投げては野村投手。

プロ未勝利の若手ホープとの対戦は、普段とは異なるプレッシャーがかかったことと思います。

しかも試合展開は自身は完璧な立ち上がりを見せながらも、打線はランナーを出しながらも得点を奪えず、そうこうしているうちに先制点を取られてしまう、非常に嫌な展開でした。

 

 

 

それでも4回の先制点をとられたあと、それと5回の1アウト2, 3塁のピンチをきっちり抑えて1点差でついていったことが5回の集中打を呼んだと思います。

結果として6連戦が続くタイトな日程の中、6連戦初戦に7回まで投げてくれました。

先週の8回までの登板といい、雨天中止がなく6連戦が4週続いてさらに今週も6連戦が組まれる、そんな厳しい日程の中、勝敗以上に大きな貢献をしてくれています。

 

ジョンソン投手も練習を再開し、復帰が近づいてきているようですがまだ数週間かかると思うべきでしょう。

開幕投手の復帰まで、この調子で先発投手陣を引っ張る活躍に期待したいと思います。

 

明日の中村投手に良い形でバトンを渡すことができましたね。

 

5/3の試合展望

5/3の試合はカープが中村祐太投手、ドラゴンズが吉見投手です。

 

中村祐太投手はプロ初登板となります。

関東第一高校からドラフト5位入団のプロ4年目の選手です。

去年は2軍で自身最多の10試合に登板し、今春は1軍キャンプに帯同するなど伸びてきている若手の一人となります。

 

今年はしっかりと2軍で結果を残しており(5試合で防御率2.14)、ローテーション6番手の争いに名乗りを上げました。

初登板らしい思い切ったピッチングに期待しましょう。

 

対するはベテラン・吉見投手です。

今シーズン4試合で0勝3敗、防御率は4.26。

数字だけ見ると良くないのですが、うち2試合は7回を投げて1失点と2失点の好投も打線の援護なく敗戦投手となっています。

 

制球が良く、今日のようにフォアボールでチャンスをもらえることはほとんど期待できません。

中村祐太投手に思い切り投げてもらうためにも早い回の援護をしたいところですね。

 

明日は初回が鍵を握りそうです。

まず中村祐太投手が0に抑えられるか、打線は左打者の田中選手、丸選手を中心に先制できるか。

注目したいと思います。

 

明日も頑張ろう!カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング