僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/29のカープ DeNA戦 エースの座、四番の座 争奪戦勃発!? 相乗効果で再びの上昇気流へ!

4/29のカープ、DeNA戦は6-1でカープが勝ちました。

岡田投手が登板4試合連続の快投、鈴木誠也選手の2発を含む4発のホームランを放ったカープが快勝、昨日のリベンジに成功です!

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 2 0 0 1 0 0 1 2 0 6 11 0
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 2

 

投手情報 

勝利投手  岡田 (3勝1敗0S)

敗戦投手 今永 (1勝2敗0S)

セーブ  なし

広島  岡田、薮田 - 石原

DeNA 今永、平田、進藤 - 戸柱、西森

本塁打   菊池2号(1回表2ラン)、鈴木3号(4回表ソロ)、新井4号(7回表ソロ)、鈴木4号(8回表2ラン)

 

試合概要

今日は岡田投手と今永投手が先発です。

 

初回、カープは今永投手の立ち上がりに襲い掛かりました。

田中選手が初球から積極的に打ちに出て、センター前ヒットで出塁すると続く菊池選手も初球でした。

 

高めに浮いた外角ストレートを捉えると打球はライトスタンドへ一直線!

先制のツーランホームランで、わずか2球で幸先よく2点を先制します。

今永投手も何がなんだか分からないうちに2点を取られた気分だったでしょう。

 

対する岡田投手は序盤三回まで、ランナーを背負いながらも威力あるストレートを軸に、DeNA打線に3塁すら踏ませず、無失点に抑え、試合の主導権を握ります。

 

好投する岡田投手を援護したいカープは4回、1アウトから新井選手がスタメンでも4番の座を任された鈴木誠也選手が打席に向かいます。

初球でした。

外角のストレートを積極的に降り抜くと打球はぐんぐん伸びてカープファンの待つレフトスタンドへ一直線。

貴重な追加点を奪い、試合の流れを譲りません。

 

岡田投手は中盤調子を上げていきます。

4回こそヒットを一本許しましたが、DeNA打線を5回、6回と三者凡退に切り捨て反撃の隙を与えません。

 

 

 

さらなる追加点を奪い試合の流れを決定づけたいカープは7回でした。

1アウトから久しぶりの先発で4番の座を鈴木誠也選手に譲った新井選手が打席に入ります。

1ストライク1ボールからの3球目、真ん中低めのストレートを振り抜くと打球は綺麗な放物線を描きバックスクリーンに飛び込むホームラン。

 

一発攻勢で効率よく得点を重ねるカープ。

好投する岡田投手に更なる力を与え、岡田投手もそれにこたえて7回も三者凡退に抑えます。

 

8回の表のカープ。

前の回途中で登板した平田投手から、先頭の丸選手がフォアボールを選び、打席には鈴木誠也選手。

2ボール1ストライクからの4球目の外角変化球を振り抜くと、再び打球はカープファンの待つレフトスタンドへ。

 

開幕から、苦しんできた男に待望の1試合2発!

6-0とダメ押し点。

こうなると岡田投手がどこまで投げるのか、早くも二度目の完投、初の完封なるかに注目が移っていきます。

 

7回まで98球の岡田投手は8回もマウンドに上がります。

先頭の代打・乙坂選手に久しぶりのヒットとなる2塁打を許すと続く代打・荒波選手の内野ゴロの間に3進、この日初めて3塁にランナーを背負います。

1番の桑原選手はカーブで内野フライに打ち取り2アウトまでこぎつけますが、2番の石川選手に勝負で続けた4球目のストレートをセンターへはじき返され初失点。

 

それでも3番梶谷選手はきっちりストレートでセカンドフライに打ち取り、試合の流れまでは渡しませんでした。

結局この回までで降板し、最後は薮田投手に託した岡田投手。

 

バトンを受け取った薮田投手は1アウトからヒットを一本許しますが、併殺で効率よくアウトを稼ぎ、わずか6球で試合を終わらせました。

昨日の完敗を引きずらなかったカープ、非常に内容もある明るい明るい快勝です!

 

試合感想

今日は初回の気持ちの良いほどの先制パンチが非常に大きかったと思います。

前回完封を許している今永投手に、良い立ち上がりをされるとそのままスイスイいかれてしまう展開もあり得ました。

それをさせなかったタナキクの二遊間コンビ。

 

ともに初球を捉える積極的なバッティングが良い方向に転がりました。

わずか2球での先制パンチ、それも2点です。

岡田投手の好投と決して無関係ではないでしょう。

 

鈴木誠也選手、新井選手のホームランの競演も見どころでしたね。

今日はスタメンに新井選手の名前があるにも関わらず、鈴木誠也選手が4番の座に座りました。

このところ結果の出ていない新井選手を少しでも楽に打たせたい、そんなベンチの思惑もあったのでしょう。

 

結果的にはこの采配が大当たりでした。

鈴木誠也選手が4番での初ホームランをレフトスタンドに叩き込むと、新井選手も負けじとバックスクリーンに放り込みます。

最後は鈴木誠也選手がそれならばと応戦、今シーズン初の1試合2発、再びレフトスタンドを沸かせました。

 

これが相乗効果というものなのでしょうか。

新井選手、エルドレッド選手が控えていることで鈴木誠也選手も少し気分的に楽だったのかもしれません。

新井選手も鈴木誠也選手に4番を譲り、胸に期するものがあったでしょう。

これからもこの二人の4番の座をめぐる相乗効果に期待したいと思います。

 

試合の流れ的にも非常に効果的な形で4本のホームランが飛び出したカープ、貧打にあえいでいたのが嘘のような一発攻勢でした。

 

投げては岡田投手。

これで登板4試合連続して素晴らしい内容の登板が続いています。

ジョンソン投手離脱の穴が最小限に収まっているのは、岡田投手、明日投げる九里投手の成長が非常に大きいです。

今日は制球が安定していたことに加えてストレートに威力がありました。

3試合続けて1四球以下、初登板でコントロールに苦しんでいたのが嘘のような、見事な修正能力です。

 

この投球内容が続けば、巨人戦でエースの投球と言って良いほどの素晴らしい投球を見せた野村投手もうかうかしていられません。

岡田投手はまだシーズンを通してローテーションを回ったことがないだけに気が早いのは重々承知ですが、練習再開したジョンソン投手を含めて高いレベルでのエース争いを繰り広げてもらいたいところです。

 

 

注文をつけるとすればやはり2回続けて失敗した送りバントでしょう。

投手が打席に立つセリーグで投手における攻撃面での最も重要な役割です。

得点圏にランナーを進めて上位に回る理想的な展開か、はたまた相手に流れを譲るきっかけとなる苦しい展開か、その分かれ目になる目立たないながらも非常に大きいプレーだと思っています。

 

今日は幸い、一発攻勢で得点を重ねられたので致命傷には至りませんでした。

岡田投手自身も崩れず、流れを渡しませんでした。

それでも失敗2度目では、直後の田中選手にヒットが出て、成功していれば点が取れていた、という場面でした。

エースに成長するために、取り組むべき課題として練習を重ねていってほしいと思います。

 

最後の薮田投手の起用にも疑問です。

5点差あって中田投手、一岡投手ではダメだったのでしょうか。

2人とも5点あれば安心できる投手ですし、2人ともが表に出せない何かを抱えていた可能性は低いと思うので意図的な起用なのでしょう。

 

前回登板で2失点したイメージを早めに拭い去ってもらいたいという配慮だったのでしょうか。

長いシーズンのまだまだ序盤、薮田投手がここまで好調なだけに登板ペースが気になります。

 

それでも今日は久しぶりの快勝です!

苦手投手、苦手チームを作らないという意味でも今日の1勝には1勝以上の勝ちがあると思います。

明日もこの勢いが持続することを期待しましょう。

 

4/30の試合展望

4/30の試合はカープが九里投手、ベイスターズが久保投手です。

 

九里投手はここまで4試合に先発し2勝1敗防御率は3.24。

開幕して3試合連続非常に安定した投球を続けてくれていましたが、前回登板のヤクルト戦では初めて崩れ、5回途中4失点で降板しました。

 

今回の登板では先発ローテーション投手として必要不可欠になる修正能力が試される試合となります。

初登板以来の、2度目の試練と言っても良いかもしれません。

ツーシームを武器としており、左打者をやや苦手とするタイプだけに梶谷選手、筒香選手との対戦が鍵を握りそうです。

 

対するは久保投手です。

今シーズン初登板となります。

スタミナはあり、しり上がりに調子を上げるイメージがあります。

立ち上がりでとらえられないと、そのまま終盤まで投げられてしまう展開も想定されます。

 

今日と同様、遅くとも2回り目までに捉えて先行する展開を期待したいところです。

 

明日勝てば2カード連続の勝ち越し、先週失った貯金を2つ取り返すことができます。

再びの上昇気流に乗れそうなだけに大事な試合になりそうです。

明日も頑張ろう!カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング