僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/23のカープ ヤクルト戦 初スイングでの大仕事、救世主の名は西川龍馬!

4/23のカープ、ヤクルト戦は7-4でカープが勝ちました。

 

試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 3 0 0 0 0 1 3 0 7 11 0
ヤクルト 0 3 1 0 0 0 0 0 0 4 10 1

 

投手情報 

勝利投手  一岡 (1勝0敗0S)

敗戦投手 石山 (0勝1敗0S)

セーブ  今村 (0勝1敗2S)

広島  九里、飯田、中田、一岡、ジャクソン、今村 - 會澤

ヤクルト  オーレンドルフ、星、杉浦、石山、ルーキ - 中村

本塁打   雄平1号(3回裏ソロ), 丸2号(7回表ソロ)

 

 試合概要

今日も初回、カープはチャンスを作ります。

先頭田中選手がヒットで出ると丸選手も四球でランナーを貯めて1アウト1, 2塁のチャンスを作ります。

しかし新井選手、鈴木誠也選手が凡退し、今日も1点が遠い嫌な試合の幕開けとなります。

 

続く2回、簡単に5球で2アウトとなり嫌な流れでしたが、立ち上がりから制球に苦しむオーレンドルフ投手がフルカウントから會澤選手を歩かせると続く九里投手にもストレートの四球。

カープとしては願ってもない形で1番の田中選手にチャンスが巡ってきます。

追い込まれた6球目、高めに浮いたチェンジアップをセンター方向へはじき返しタイムリーツーベースヒット(送球の間に3塁へ)。

カープが欲しくて欲しくてたまらなかった先制点をついに奪います。

 

そして続く菊池選手。

ツーボールから意表を突く三塁線へのセーフティーバントを決め、内野安打の間にさらに1点を追加します。

 

もらったチャンスを逃さず、隙を見つけて好機を拡大する流れるような先制劇で3点を先制します。

 

しかし、九里投手もピリッとしません。

直後の2回の裏、雄平選手に三塁への内野安打を許すと続く中村選手はライトへのヒット。

0アウト1, 3塁のピンチを招くと、これまで九里選手を支えていた内角へのツーシームに投じた初球を捉えられレフトへのタイムリーツーベースで一点を返され、なおもノーアウト2, 3塁のピンチを背負います。

 

続く大引選手は内野ゴロに打ち取りますが、その間に一点を返され、1アウト3塁。

代打大松選手は内野フライに打ち取り2アウト。

1番坂口選手には1-1からの3球目高めに浮いたストレートをレフト前にはじき返され、3点先制した喜びもつかの間、たちまち試合は同点、3-3となります。

 

3回の裏、山田選手、バレンティン選手を打ち取りほんの少し、一息ついたでしょうか、5番雄平選手に1ボールからの2球目をライトスタンドに運ばれ勝ち越しを許してしまいます。

 

追いつきたいカープは直後の4回表、先頭會澤選手がヒットで出ますが、九里投手が送れず、ランナー入れ替わりとなります。

その後の1番、田中選手にこの日3本目のヒットが出て1アウト1,3塁とチャンスを広げますが、菊池選手の当たりはセカンドライナー。

3塁走者の九里投手が戻れずダブルプレーでチャンスが潰えます。

何ともちぐはぐな攻撃で同点に追いつくことができません。

 

5回の裏のヤクルトの攻撃、先頭荒木選手にヒットを許すと、山田選手を内野ゴロに打ち取りますがバレンティン選手には四球。

1アウト1, 2塁のピンチを招いたところでベンチは九里投手を諦めます。

代わった飯田投手は雄平選手に内野ゴロを打たせますがバウンドが高く内野安打となり1アウト満塁。

 

追加点を許すと試合が決まりかねないピンチでマウンドを任されたのは中田投手。

好調、中村選手をキャッチャーファールフライに打ち取ると、西田選手を外角へのストレートで見逃し三振に仕留め、連敗脱出の望みをつなぎます。

 

反撃に出たいカープは6回の表、1アウトから安部選手がヒットで出塁するとパスボールで1アウト2塁の同点のチャンスを掴みます。

會澤選手はセカンドゴロで2アウト3塁。

 

ここでとっておきの代打、エルドレッド選手をベンチは送ります。

3回から好救援の星投手、最後の力を振り絞り全球ストレートで勝負を挑んできました。

フルカウントからの6球目、打った瞬間とらえたかのように見えた打球は最後の一伸びがなく、フェンス手前で失速。

1点が重く、同点に追いつくことができません。

 

一岡投手が6回を抑えて迎えた7回の表。

 1番からの攻撃に期待がかかりましたが、杉浦投手の前に田中選手、菊池選手が連続空振り三振。

この回もダメかとあきらめかけた、その時でした。

丸選手が、フルカウントからの外角高めのストレートを振りぬくと打球はカープファンの願いを乗せて、レフトスタンドへ一直線。

ついに4-4の同点に追いつきます。

 

勢いで勝ち越したいカープは8回の表。

先頭鈴木誠也選手がサードゴロに倒れたかのように見えましたが、ファーストが送球を取れずエラーで出塁すると続く松山選手が気持ちでセンターへ運び0アウト1, 2塁の絶好のチャンスを作ります。

 

3塁にランナーを進めたい安部選手のバントが石山投手のフィルダースチョイスを誘いノーアウト満塁。

千載一遇の好機を得ます。

 

ベンチは會澤選手をそのまま打席に送りますが空振り三振で1アウト。

連敗で沈むファン一同、今日もまたダメなのかと暗雲たちこめかけたその時でした。

代打、西川選手の2球目、オープン戦の自打球で出遅れ、今シーズン初打席、初めてのスイングでとらえた打球はセンターへ。

ぐんぐん伸びて、カープファンのもやもやを吹き飛ばす勝ち越しの2点タイムリーツーベースでついにカープが終盤にリードを奪います。

 

ダメ押したいところで、この日3安打の田中選手がライトへ運び3点差、7-4とリードを広げます。

この後、田中選手の盗塁で1アウト2, 3塁とさらに攻め立てますが、菊池選手がファーストファールフライ、丸選手が空振り三振に倒れて追加点はなりませんでした。

 

8回ジャクソン投手、9回今村投手の勝ちパターンでの逃げ切りを図るカープ。

9回に振り逃げと四球でホームランで同点のピンチ、打席にはバレンティン選手というドキドキの場面を招きますが、何とか逃げ切ったカープ。

連敗を4で止めて、久しぶりの白星です!

 

試合の感想

今日は西川選手と中継ぎ投手陣でしょう。

 

西川選手は昨季ルーキーながらも非凡な打撃センスで主に代打ながらも.294の成績を残して迎えた今年、レギュラー取りの飛躍を期待されていました。

そんな中で迎えた3/11のヤクルトとのオープン戦、右膝に自打球を強く当て途中交代。

 

当初は打撲との診断でしたが、後日精密検査の結果、右膝骨挫傷と診断され開幕絶望。

一昨日、不調に苦しむ打線のてこ入れのために野間選手と共に一軍昇格したばかりでした。

 

迎えた今シーズンの初打席は終盤8回、同点の場面で1アウト満塁。

直前の會澤選手が三振に倒れ、嫌な雰囲気の中でした。

それでもこの男は臆することなく、2球目のフォークボールに自分のスイングで立ち向かいました。

カープファンの願いを乗せた打球はフェンスまで届く会心の当たり。

今シーズン最初のスイングで大仕事をやってのけました。

出遅れて悔しい思いをしていた男が、連敗に苦しむチームを救いました。

 

打線は今日はもらったチャンスをきっちりいかせました。

 先制劇は8番, 9番の連続四球という完全に相手投手のミスにつけこんだものでした。

菊池選手の意表をついたセーフティバントでの追加点もカープらしい、相手の意表をつくものでした。

8回の勝ち越し劇も相手のエラーとフィルダースチョイスで膨らんだチャンスを逃しませんでした。

 

忘れてはいけないのは丸選手の同点ホームラン。

7回、敗戦が迫る中、1番からの好打順にもかかわらず連続三振で、希望がしぼみかけた中での一振り。

8回の勝ち越し劇を導く、チームに力を与える本当に貴重な一振りでした。

 

九里投手の送りバントミス直後に田中選手のヒットが出る、ちぐはぐな攻撃もありましたが、今日はとにかく勝ったという事実が大事です。

 

投げる方では何といっても中継ぎ投手陣ですね。

特に中田投手と一岡投手。

 

中田投手は九里投手が1アウト1,2塁で降板し、後を継いだ飯田投手が打ち取ったあたりが内野安打になってふくらんだ1アウト満塁のピンチをしのぎました。

1点でも重い、今の打線の状態を考えるとここで追加点を取られていたら、今日の勝ちはなかったでしょう。

開幕以来、本当に素晴らしい登板を続けてくれています。

 

一岡投手も6回、7回と厳しい回またぎでしたが見事に無失点。

特に7回は先頭山田選手を追い込んでから、微妙なハーフスイングの判定でフルカウントになるとそのまま四球を与えてしまいます。

同点直後の先頭打者、それも足の速い嫌なランナーを、本当に悪い形で出してしまいましたがバレンティン選手をゲッツー、雄平選手もバックの好守に助けられ打ち取り、結果的に3人で斬って8回の勝ち越し劇につなげました。

 

ジャクソン投手は調子が上がってきましたかね。

投球内容に安定感が出てきています。

 

今村投手は前回悔しい思いをした後の登板。

気持ちが入っていました。

3者連続の3球三振は見事でした(振り逃げがあり、試合終了とはならず…)。

さらには四球でホームランで同点のピンチ、打席にはバレンティン選手というドキドキの場面を招きますが、最後は気持ちをこめたストレートでセカンドゴロに打ち取りました。

 

開幕以来、好投を続けていた九里投手が打ち込まれて苦境に追い込まれた試合。

中継ぎ投手陣が試合を壊さず、打線が相手のミスにつけ込み集中打で逆転。

去年の良い時の勝ち方で連敗を脱出できました。

 

神宮を赤く染めたカープファンの皆さんの大きな声援も間違いなく力になっていることと思います。

とにかく長い間勝ってなかった気がしますね。

 

試合のない月曜日の前に、巨人との3連戦を前に連敗を止められたのは大きいですよね。

カープファンのみなさん、今日は久しぶりの勝利に酔いしれましょう!

 

カープ次週の試合予定

カープは今週4連敗を喫しましたが、何とか2勝4敗でまとめました。

 

カープは火曜日から本拠地、マツダスタジアムでの巨人3連戦のあと、横浜に移動してのDeNA3連戦です。

 

対巨人はここまで3勝0敗、前回の敵地3連戦で3連勝、 巨人はやり返すつもりでかかってくるでしょう。

床田投手の離脱で空いたローテーションの穴をどのような形で埋めるのでしょうか。

首脳陣の采配に注目です。

 

対DeNAはここまで1勝2敗、前回本拠地で負け越たばかりです。

敵地での再戦にリベンジを期します。

 

巨人との初戦の試合展望は明日、予告先発が発表されてから書きたいと思います。

来週も一戦一戦頑張ろう、カープ!

  

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村