読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/18のカープ DeNA戦 土壇場の大逆転勝ちも誠也に得点圏の試練

4/18のカープ、DeNA戦は4-3でカープが勝ちました。

 

 試合記録

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 9 0
広島 0 0 0 0 1 1 0 0 2X 4 15 0

 

投手情報 

勝利投手  中田 (2勝0敗0S)

敗戦投手 パットン (2勝1敗1S)

セーブ  なし

DeNA  濱口、砂田、須田、山崎康、三上、パットン - 高城

広島 野村、薮田、中田 - 石原、會澤

本塁打  なし

 

 試合概要

今日は4回まで0-0、野村投手、濱口選手の投手戦で幕を開けました。

 

と言っても、カープから見れば日曜日のタイガース戦と似たような展開。

初回1アウト満塁、2回2アウト1, 2塁、3回1アウト3塁のチャンスに1本が出ず、ことごとくチャンスを逸します。

 

すると野球は流れのスポーツ。

5回の表DeNAはノーアウト1, 3塁から高城選手のセーフティスクイズで1点を先制すると2アウトから梶谷選手、ロペス選手に連続タイムリーが飛び出し、一気に3点を先制します。

 

このままズルズルと行くわけにはいかないカープ。

その裏1番からの攻撃で田中選手、菊池選手の連打に丸選手四球でノーアウト満塁の絶好機を作ります。

迎えるは4番新井選手、5番鈴木誠也選手でしたがあえなく三振とファーストファールフライに倒れてしまいます。

嫌な雰囲気の中、6番エルドレッド選手がフルカウントから押し出しの四球を選び、何とか1点を返しますが、続く小窪選手は空振り三振。

5回まで1-3とDeNAにリードを許します。

 

続く6回のカープの攻撃。

1アウトから代打・下水流選手ツーベースヒットでチャンスを作ると(今シーズン8打席目での初ヒット!)、2アウトから菊池選手にライト前タイムリーが飛び出し1点差に迫ります。

丸選手もヒットでつなぎ、2アウト1, 3塁で新井選手。

ここで丸選手がスタートを切り、挟まれる間に菊池選手がホームを狙いますがタッチアウト。

同点のチャンスをみすみす手放してしまいます。

 

7回にも2, 3塁にランナーを進める同点のチャンスがありましたが小窪選手・代打の松山選手が凡退。

 

ホームが遠い展開が続きましたが、土壇場の9回裏。

DeNAの新守護神、バットン投手から新井選手、鈴木誠也選手の連打でチャンスを作るとエルドレッド選手にフェンス直撃のタイムリーヒットが飛び出し同点に追いつきます。

小窪選手送りバントのあと、會澤選手がセンター前へのサヨナラタイムリーヒット。

 

思うように得点が取れずとも諦めない、野手陣全員での粘りの攻撃が最後に実を結びました。

カープ見事な逆転サヨナラ勝ちです。

 

試合の感想

野手陣の粘りの攻撃が最後の最後に実を結びました。

9回、エルドレッド選手の同点タイムリーでフェンス直撃の打球にもかかわらず1ランナーが3進できない走塁のボーンヘッドもありましたが、會澤選手のタイムリーが救ってくれました!

 

會澤選手、開幕以来バットが湿っていましたがここ一番の場面で決めてくれました。

これを機に当たりが戻ってくれると最高なのですがどうでしょうか…明日以降の打席に注目したいと思います。

 

忘れてはいけないのが1点差で9回まで粘ってくれた投手陣です。

野村投手、5回は最少失点でしのいでほしかったですがそれでも6回3失点、試合を壊さず投げてくれました。

 

後を継いだ薮田投手・中田投手はそれぞれ無失点。

開幕以来のこの二人の貢献度には頭が下がるばかりです。

接戦ではビハインドでも起用され、回の途中から出ることや回をまたいで投げることも珍しくありません。

開幕ダッシュに成功したチームはこの二人が支えているといっても全く過言ではないと思います。

中崎投手が戻るまで特にこの2人はフル回転が予想されますが、何とか現在の好調を維持してもらいたいです、応援しています!

 

さて、今日は勝ちはしましたが、鈴木誠也選手の序盤3打席が印象に残っている方が多いと思います。

 3打席とも1アウトで走者を3塁においての打席、うち2回は満塁の絶好機でした。

 

結果は2三振にファーストファールフライ。

今日は完全にプレッシャーに負けている感じでした。

ここまで打率3割を超え、数字は残している鈴木誠也選手ですが、得点圏に限ると.240です。

昨年の実績により、自身への周囲の期待、あとは去年の驚異的な成績を残した自分の幻影と戦っているのだと思います。

 

そんな姿は2015年の丸選手と重なって見えます。

オフに黒田投手のメジャーからの電撃復帰により、一気に優勝候補に挙げられることになったカープ。

広島だけでなく日本中が黒田フィーバーに沸いたあの年です。

 

投手陣は前田健太投手、黒田投手に加えて来日1年目のジョンソン投手もいるという、今から思えばそれはそれは豪華な3本柱を擁しました。

そんななか、就任1年目の緒方監督から打撃陣のキーマンに指名されたのがキクマルコンビでした(田中選手はこの年がルーキーイヤー、タナキクマル結成前です)。

特に丸選手は前年ブレークし、自身初のシーズン打率3割をマークして、ホームラン19本、67打点。

更なる飛躍を誰しもに期待され、今と同じ3番・ポイントゲッターとして高い期待を寄せられていました。

そう、24年間優勝から遠ざかりながら、下馬評では優勝候補筆頭、さらには黒田投手の復帰で日本中の注目を集めるチームの、です。

 

結果はシーズンを通して自身の打撃を見失い.249、ホームランこそ前年と同じ19本でしたが63打点、得点圏打率は去年・今年の姿からは考えられない.198に終わりました。

 

さて、少し脱線しましたが忘れてほしくないのが得点圏で鈴木選手を打席に迎えてビビっているのは相手の方です。

どんなに調子が悪くても、去年の実績で今年の「鈴木誠也」の名前にはそれだけの印象、インパクトが既に備わっています。

 

比べるのはまだ少し早いですが5回表2アウト1, 3塁で迎えた筒香選手、みなさん、嫌な感じがしませんでしたか。

不調に苦しみ、ここまで今日を入れて開幕15試合でわずか1打点、打率.250ちょっとの選手相手に、です。

私はしました、そろそろ一本出そうな、ものすごく嫌な感じが。

(ちなみに筒香選手、ようやく調子が上向いているようです…あと2試合、投手陣には何とか抑えてもらいたいところです)

 

人間のやることですから野球も当然メンタル面が影響してきます。

テニスの錦織選手に対するマイケル・チャンコーチの言葉じゃないですが、技術面・体力面は問題ない、あとはどこまで本気で相手に勝てると信じられるか、です。

 

今年の鈴木誠也選手はどこかあの年の丸選手と重なって見えます。

優勝候補のチームで、若いながらも昨年の成績からチームの主軸として昨年以上の成績を期待されています。

ただ、当時と今年で圧倒的に違うのは打線の厚みです。

 

鈴木誠也選手が打てなくとも、タナキクマルに新井選手、エルドレッド選手もいます。

先輩打者の皆さんには是非、鈴木誠也選手が楽に打席に入れるように、プレッシャーを感じる前に点を取ってあげることで少しでも余計な力を抜いてあげてもらえればと思います。

 

そういう意味では個人的には5回裏、三振に倒れたノーアウト満塁での新井選手の打席は大きなポイントだったと思います。

大ベテランの新井選手にいつまでもおんぶに抱っこではいけないのですが、鈴木誠也選手からほんの少しだけ肩の力が抜けるまで、未来の4番が育つまで、ベテランの力を貸してもらえることを期待しています。

 

さて、あとは6回2アウト1, 3塁からのダブルスチール失敗でしょうか。

機動力、ダブルスチールはカープのおはこです。

でも打席には4番の新井選手です。

相手の裏をかいてのまさか、に期待した部分はあるのかもしれないですが、どうしても失敗した時のダメージが大きすぎますよね。

 

追い上げて、さらにつないで、イケイケの場面で4番の新井選手。

それがすっと拍子抜けの形で攻撃終了、完全に消化不良の感じが残ればプレーしている選手たちはもちろん、球場の雰囲気にも影響を及ぼすでしょう。

 

ただもう終わったことです。

この場面でもダブルスチールを仕掛けた、というのを今後の伏線にしていってもらえればと思います。

 

さて、いろいろと書きましたが、ほとんど落としかけていた6連戦の初戦、それも野村投手の登板試合を拾えたことは本当に本当に大きいです。

カード負け越しの嫌なムードも振り払えたのではないでしょうか。

打線も今日のサヨナラ劇でまた勢いを取り戻してもらって連勝といきましょう!

 

 

4/19の試合展望

先発はカープが床田投手、DeNAが今永投手です。

今シーズン3度目の先発となるルーキーの床田投手はここまで防御率5.40ながら、2試合とも6回以上を投げてくれています。

評判通りコントロールも安定しているので、余計なランナーを出す心配はそれほどありません。

ただ球威があるわけではないの失投がそのまま長打につながってしまいます。

初のマツダスタジアムでの登板です。

本人の言葉通り「攻めるところは攻める」ピッチングで試合を作ってほしいと思います。

期待しましょう!

 

対する今永投手はここまで2試合で防御率6.94。

初登板の巨人戦は7回途中1失点、2度目の登板の阪神戦は5回8失点です。

連打はそれほど期待できませんが、それなりにフォアボールはくれる選手だと思います。

どうにかして最近のホームが遠い重苦しい展開を打開したいところです。

得点は思うように取れていませんが、一本出れば流れが変わりそうな場面を作ることは何度もできています。

久しぶりにホームランも見たいところですね。

今日のサヨナラ劇をきっかけに、明日はその一本が出る展開を期待しましょう。

 

明日も頑張れ、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング