読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らもカープ

現在海外在住のカープファンが、現地観戦できない分の思いも込めて、カープを応援し続けるブログです。20数年来、カープを応援してきた視点から今年のカープの軌跡を自分なりに追いかけていきます。

4/15 阪神戦 2年目の独り立ちへ

4/15の阪神戦ですが、7-1でカープが勝ちました。

 

 試合記録

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 4 0 2 1 0 0 0 0 0 7 12 0
阪神 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 2

 

投手情報 

勝利投手   岡田 (2勝0敗0S)

敗戦投手 青柳 (0勝1敗0S)

セーブ  なし

広島  岡田 - 石原

阪神 青柳、岩崎、松田、藤川 - 梅野、岡崎

本塁打  なし

 

 試合概要

今日は初回から試合が動きました。

 

1回の表、先頭田中選手がヒットで出塁するとフィルダースチョイスに四球でいきなりノーアウト満塁のチャンス。

2度目の4番に座った鈴木誠也選手がピッチャーゴロかと思いましたが、青柳投手が後逸し、ラッキーな形で先制します。

さらに1アウトからエルドレッド選手が押し出しのデットボール。

7番、松山選手が調子が上がらないこともあり、今季初スタメンに抜擢された天谷選手がセンターへ2点タイムリーヒットを放ち、一気に4点を先制します。

 

投げては岡田投手。

初回、2回と3人ずつに抑え、試合の流れを完全に掴みます。

 

3回表のカープ。

先頭5番に抜擢された安部選手が2ベースで出塁すると2アウトから石原選手四球、9番岡田投手の投手ゴロを再び青柳投手がエラー、悪送球の間に1点を追加します。

続く田中選手にもタイムリーが飛び出し6-0。

 

4回表にもカープが追加点を奪います。

先頭丸選手がヒットで出塁すると、2アウト2塁からエルドレッド選手がタイムリーヒットで7-0。

試合はワンサイドゲームの様相を呈します。

 

こうなると試合の見どころは岡田投手がどこまで投げられるかに移っていきます。

岡田投手は期待に応えるかのように4回までわずか52球、打者12人で抑えるパーフェクトピッチングを見せます。

 

5回の裏、先頭福留選手に初ヒットを許すと2アウトから糸原選手にタイムリーツーベースを浴び1点を返され7-1となります。

 

しかし今日の岡田投手は安定していました。

7回にもランナーを二人背負う場面はありましたが、それ以外は3人で片づけ続け、9回を113球、見事な無四球完投勝利を挙げました。

今季チーム初完投、岡田投手自身も9回まで投げての完投は初めてとなります(昨年5回降雨コールドでの完投はあります)。

 

カープは10連勝ストップ翌日に、大きな勝利となりました。

 

試合の感想

 

今日は何といっても岡田投手です。

9回のうち、7回を三者凡退に抑える危なげないピッチングを見せました。

無四球完投と無駄なランナーを出さなかった点も素晴らしいです。

今日も負けるようだと明日の九里投手に余計なプレッシャーがかかり大型連敗への嫌な予感もしていたのですが、その予感を見事に余計な心配に変えていただきました!

 

昨年はシーズン後半、先発ローテーションに割って入り、それなりに安定した投球を続けていましたが(ルーキーとしては十二分の活躍でしたが)、100球肩と揶揄されること多かったように、5回または6回程度での降板も目立っていました。

しかし今シーズンは前回登板も9回途中まで投げていますし、試合後半でもストレートが150km/h超えを計測するなど、スタミナ面に確かな成長を感じます。

 

シーズンはまだまだ長いですが、岡田投手が長い回を任せられる存在に成長してくれれば、投手陣のやりくりはかなり楽になるはずです。

この調子を維持して先発投手として独り立ちできるのか、これからの2年目の岡田投手に注目です!

 

野手陣は新井選手が今週2度目の休養日。

松山選手の調子が今一つということもあり、5番に安部選手を置き、7番に天谷選手を今シーズン初スタメンで起用。

 

この采配に応えて初回に天谷選手が試合の流れを大きく引き寄せる2点タイムリーを放ちました。

日替わりで活躍する野手が出るのはチームとしても大きいです。

長いシーズン、松山選手にはやってもらわないといけませんが、松山選手にこだわりすぎなくとも何とかなる、チームの選手層の厚さを感じますし、首脳陣の柔軟な選手起用も素晴らしいです。

 

あと忘れてはいけないのが堂林選手です。

途中出場の少ない打席で結果を残し、点差がついたこともあり、4回途中から久しぶりに長い回の出場機会を得ると、2安打とさらに結果を残しました。

野村前監督の秘蔵っ子、鯉のプリンスとしてカープ女子黎明期を支えた選手です。

人気面だけでなく、プレーでもこのままチャンスを逃さず1軍定着、さらには先発のチャンスを掴んでほしいですね。

 

今日の試合の7点のうち半分は相手にもらったようなものでしたが、ミスを逃さない攻撃を継続できているのは頼もしいです。

明日も開幕以来のカード勝ち越しを継続するべく、頑張ってもらいましょう。 

 

4月15日の試合展望

先発はカープが九里投手、タイガースが能見投手です。

開幕3戦目の再戦となります。

その時は9-1でカープが勝利、九里投手が6回1失点に対し、能見投手は4回途中4失点KOでした。

九里投手は今シーズン登板2試合目も7回2失点と非常に安定した投球を見せています。

内角へのツーシームを武器に投球の幅を広げていますが、タイガースも研究してきているでしょう。

明日は真価が問われる登板となりそうです。

ここでも好投できれば、ローテーション投手として計算ができる大きな大きな一歩となると思います。

大いに期待しましょう!

 

野手陣は明日は左腕の能見投手ということもあり久しぶりに新井選手、エルドレッド選手のそろい踏みでしょうか。

早い回での援護で楽に九里投手を投げさせてあげたいところです。

開幕以来継続中のカード勝ち越しを続けるべく、明日も頑張れ、カープ!

 

このブログの応援もよろしくお願いします♩⇩

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング